アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 新『サンダーバード』に浪川大輔、柿原徹也ら メカデザインに河森正治氏

新『サンダーバード』に浪川大輔、柿原徹也ら メカデザインに河森正治氏

 1965年に英国、翌66年から日本でも放送されて人気を博した歴史的名作『サンダーバード』。誕生から50年を記念した新シリーズ『サンダーバード ARE GO』の日本語吹き替え版キャストが5日、発表され、声優の浪川大輔花輪英司村瀬歩柿原徹也、KENNが起用された。また『マクロス』シリーズなどで知られる河森正治氏が新型サンダーバードのメカニックデザイナーとして参加した。

【写真】その他の写真を見る


 『サンダーバード』は、米国の大富豪、ジェフ・トレーシーによって設立された国際援助隊(インターナショナル・レスキュー)が活躍する物語。新シリーズはジェフの息子たちが災害に巻き込まれた人々を救助すべく「サンダーバード」を駆使して立ち向かう姿を描き、CGアニメとミニチュアセットを融合したユニークな手法で制作される。

 トレーシー家の長男スコット(サンダーバード1号)を浪川、チームの後方支援を担当するバージル(2号)を花輪、5人兄弟の末っ子アラン(3号)を村瀬、水中救助を担う兄弟のムードメーカーのゴードン(4号)を柿原、地球から離れた宇宙ステーションで情報伝達や整理を行うジョン(5号)をKENNが演じる。

 河森氏は、トレーシー家とともに戦うケーヨ(声優:寿美菜子)が使用するマシン「サンダーバードS号」のデザインを担当。リアルタイムで同作を視聴し、大ファンだったという河森氏は「相当仕事がたまっていたが、ぜひやりたいと。自分でも放送を楽しみに待っている」とうれしそうに語った。

 浪川は「キャラクターがかなり濃い、兄弟で役割がはっきりしている。キャラクター性にも、ぜひ注目してほしい」と呼びかけ、現場は「雰囲気も良く、楽しく収録できた。新しい作品を提供できれば」。花輪は「普段、現場で会うことがあまりない人たちだったけど、しっくりきた。自分の中でも納まるところに納まることができた」と振り返った。

 ドイツで育った柿原は「小さいころ向こうのテレビでやっていた。外国語の作品を母国語で吹き替えることができて、こんなに光栄なことない」、KENNも「まさか自分が歴史ある作品に出させてもらえるなんて」と感無量。末っ子役の村瀬は「メインの5人のひとりとしてやらせてもらってうれしい。そうそうたる先輩の中でお芝居できて幸せ。演じていてとても楽しい」と笑顔だった。

 8月15日、16日、22日に第1話から3話を、9月22日、23日に4、5話を放送する。いずれもNHK総合で午後6時10分から。



関連写真

  • 新シリーズ『サンダーバード ARE GO』の日本語吹き替え版キャストの(左から)柿原徹也、花輪英司、浪川大輔、村瀬歩、KENNとメカニックデザイナーの河森正治氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 豪華キャスト陣そろってガッツポーズ (C)ORICON NewS inc.
  • 新シリーズ『サンダーバード ARE GO』の日本語吹き替え版キャストの(左から)柿原徹也、花輪英司、浪川大輔、村瀬歩、KENNとメカニックデザイナーの河森正治氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 新シリーズ『サンダーバード ARE GO』メカニックデザイナーの河森正治氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 新シリーズ『サンダーバード ARE GO』の日本語吹き替え版キャストの(左から)柿原徹也、KENN (C)ORICON NewS inc.
  • 新シリーズ『サンダーバード ARE GO』の日本語吹き替え版キャストの(左から)浪川大輔、花輪英司、村瀬歩 (C)ORICON NewS inc.
  • 新シリーズ『サンダーバード ARE GO』の日本語吹き替え版キャストの(左から)柿原徹也、花輪英司、浪川大輔、村瀬歩、KENNとメカニックデザイナーの河森正治氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 新シリーズ『サンダーバード ARE GO』の日本語吹き替え版キャストの(左から)浪川大輔、花輪英司、村瀬歩、柿原徹也、KENN (C)ORICON NewS inc.
  • 新シリーズ『サンダーバード ARE GO』の日本語吹き替え版キャストの(左から)浪川大輔、花輪英司、村瀬歩、柿原徹也、KENN (C)ORICON NewS inc.
  • 新シリーズ『サンダーバード ARE GO』の日本語吹き替え版キャストの(左から)浪川大輔、花輪英司、村瀬歩、柿原徹也、KENN (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス