• ホーム
  • 芸能
  • 団長安田が笑顔で仕事復帰 “土下座”でお詫び

団長安田が笑顔で仕事復帰 “土下座”でお詫び

 19日に参加したトライアスロン大会で、自転車走行中に転倒し自宅療養中のお笑いトリオ・安田大サーカス団長安田(41)が29日、東京・原宿のAmebaFRESH!Studioで行われる生放送出演前に取材に応じ、仕事復帰を報告した。右目から頬までの外傷や、腕、足など傷が少し目立つ状態だったが「なんとか、きょうから復帰しますので応援よろしくお願いします」とあいさつ。10日で復帰という状況に「治りすぎていたので(傷の)メイクをしないとって思った」と笑わせた。

【写真】その他の写真を見る


 転倒時について「ほとんど覚えていない」と説明した安田だが、「マネージャーが言うにはベッドの上でタイムを気にしていたらしい」と“アスリート”らしい発言。「レントゲンを撮ったら何も異常がなくて医者の先生が首かしげていた」といい、「脳は何にもなさすぎて3回検査した」と話した。

 「事故の痛みは覚えていないので、なかったに等しい。今もけがの痛みはありますがほぼない」と話したが、この日持参した自転車のヘルメットには血の跡も。「ヘルメットがなかったら死んでいた。みんなにもしてほしい」と訴え、今後は「まずは安全に、その中で早いタイムが出たらいいなっていう乗り方をしたい」と誓った。

 まだ運動は禁止されているため自転車関係の仕事などは復帰が先になるものの、少しずつ再開していく予定。膝もけがしたため得意の土下座が「めちゃめちゃ痛い」と嘆いたが、新たに習得したという膝をつけない土下座を披露。取材には、メンバーのHIRO(38)、クロちゃん(38)も同席し、クロちゃんはけがをきっかけに「初めて大切な人って気付いた」と存在に感謝していた。

 安田は19日に、山形県鶴岡市で開催された「温海トライアスロン大会」にゲスト参加。自転車を走行中に転倒し、前頭部から顔を強打し、一時気を失い救急搬送された。幸い、命に別状はなく、転倒時に起きた脳しんとうによる体調不良と、打撲による右目の腫れ、右目から頬までの外傷がひどく、医師から1ヶ月間の運動禁止と診断され、負傷後は自宅療養していたが、事務所によると「本人持ち前の体力により驚異的な回復」を見せて復帰をした。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 笑顔で仕事復帰をした安田大サーカスの団長安田 (C)ORICON NewS inc.
  • “膝をつけない”土下座をしようとする安田大サーカスの団長安田 (C)ORICON NewS inc.
  • ドクターヘリで運ばれた時の写真を公開した安田大サーカスの団長安田 (C)ORICON NewS inc.
  • 仕事復帰をした安田大サーカスの団長安田=AmebaFRESH!Studioでの復帰会見 (C)ORICON NewS inc.
  • 仕事復帰をした安田大サーカスの団長安田 =AmebaFRESH!Studioでの復帰会見 (C)ORICON NewS inc.
  • 取材に応じた安田大サーカス(左から)HIRO、団長安田、クロちゃん =AmebaFRESH!Studioでの復帰会見 (C)ORICON NewS inc.
  • 仕事復帰をした安田大サーカスの団長安田=AmebaFRESH!Studioでの復帰会見 (C)ORICON NewS inc.
  • 森脇健児のモノマネをする団長安田=AmebaFRESH!Studioでの復帰会見 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス