アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ドラマ『デスノート』 世界127の国と地域に放送・配信

ドラマ『デスノート』 世界127の国と地域に放送・配信

 7月5日スタートの日本テレビ系ドラマ『デスノート』(毎週日曜 後10:30〜11:25※初回のみ後10:00〜)が、世界127の国と地域で日本の放送と同時期に放送・配信されることが22日、明らかになった。同局のドラマでは最多国での海外同時期放送・配信となる。

 “世界進出”の一報に、夜神月役で主演する窪田正孝は「とてもワクワクしています。記憶に刻まれる『デスノート』をお届けできるよう頑張ります」と一段と気合いが入る。L役の山崎賢人も「世界中の方々に見てもらえる作品に出ることができてすごくうれしい」と喜んだ。

 アニメ、実写映画が海外展開された実績のある『デスノート』。アニメは継続的に欧米で配信され、グッズなども引き続き幅広く販売されている。今回、新キャストによる連続ドラマ化が発表されると、世界各地からオファーが殺到。イタリアのバイヤーは「ヨーロッパではテレビドラマの放送・配信というのはとても難しい市場ではあるものの、このドラマに関しては認知度と人気があるため、ヨーロッパでも市民の高い関心がある作品だと思うので、ぜひとも展開させてほしい」と熱望し、米国からも複数社から強い要望があったという。

 欧米・中東・アフリカでは、アニメを中心にネット配信を行っているクランチロールにて日本の放送から数日遅れで配信。アジアでは、韓国のケーブルテレビ局「Channel J」で日本の放送から約1週間遅れで放送される予定。

▼放送:韓国
▼配信:米国、カナダ、ブラジル、メキシコ、英国、フランス、ベルギー、スペイン、ポルトガル、イタリア、ハンガリー、チェコほか



オリコントピックス