• ホーム
  • 芸能
  • フジテレビが国民審査の歌姫コンテスト開催 東野幸治「こっそり応援したい」

フジテレビが国民審査の歌姫コンテスト開催 東野幸治「こっそり応援したい」

 フジテレビが1年間を通して次世代の歌姫を選ぶコンテスト『No.1歌姫決定戦〜第一回夢のステージで歌えるコンテスト〜』をスタートさせることが21日、わかった。コンテストを盛り上げるべく営業部長に東野幸治(47)、広報課長に南海キャンディーズの山里亮太(38)、サポーターに元NMB48山田菜々(23)が就任。それぞれの同コンテストへの意気込みを聞いた。

小栗旬、福士蒼汰、広瀬すずら戦争の真実に迫る フジ終戦70年特番 (15年06月21日)


 きょうより応募を開始した同コンテストは、約1年を通じて視聴者が審査を行うという参加型のシステムをとり、最終審査となるフジテレビでの特別番組の放送までの審査過程も放送。決勝ステージを制した歌姫には新生代歌姫の称号、ソロコンサート、賞金が贈与される。

 企画を聞いた東野は「第一回なのに本当に“夢のステージ”なのかっていう疑問はありますし、上から目線のタイトルやなと思いました(笑)。でも、そうなるようやっていきたいし、1年後に新しい歌姫が誕生したと自信満々で紹介したいですね」と意気込む。

 山里から「あの東野幸治の心を動かしたのは相当すごいっていうくらい、この人はいろんなことに興味をもたない」と言われる東野だが、アイドルをテーマにした書籍を読んで勉強に励んでいい、4月にNMB48を卒業したばかりの山田が「経験を活かして寄り添ってサポートしていきたい」と話せば、「保健室の先生的なサポートをしてほしい。ナーバスになるし、緊張から過呼吸になる子もいるんでしょ? 支えてあげてほしい」と、早速勉強したばかりだという知識を披露する。

 歌姫は12〜40歳までと幅広く応募できるのも魅力の一つだが、東野は「たぶん、求めているのは18歳くらいなんですよ。40歳までの膨らみはエンターテインメントとしてということもある。でも、30代の女性でも夢を諦めていない人もいるだろうし、でも僕のこの一言で諦めるような夢じゃかなうわけがない。それでもという方がいれば参加してほしい。次世代の歌姫ですから。それくらいの気持ちですからいいですか?っていう覚悟がほしいですね」と語気を強めて呼びかけ、「僕も1年間勉強して、こっそり応援したい」とサポートを約束した。

 身近な立場としてサポートをする山田は「今は歌う番組もいっぱいあるけれど、トークも大事。歌も歌えてなおかつトークを広げるひとがいたら最高」と期待するアイドル像を明かし、いきなり注目を浴びることになる歌姫について「アンチもいるし嫌なことを書かれたりするけれど、それでも夢がかなったことはやっぱりうれしい」と自身の経験を踏まえてメッセージを送る。

 “歌姫”になるという夢を持った応募者たちと同じく、3人もそれぞれ夢を持ち続けている。東野は「太く長く芸能生活したい。もう48歳で番組たくさんもちたいとかないですし、お店入って金額見ずに注文したいとかそういうことです」と現実的な目標に自ら笑う。「テレビ局に入ったら明らかに年下でも頭を下げる。テレビで横柄でも実はいい人ってうわさが広がるんじゃないですかね。頭下げるのはお金払わなくていいですから」。

 自身の向かうべきところを東野に相談をするという山里は「一番理想の生き方はヒロミさん。ちょっと休んでもどかーんと芸能界に戻ってきて、週末にはカヌーに乗るし、どんな人とも仲良く出来る」と以外な理想像を告白。

 今後の活躍が期待される山田は「もっともっと先にはYOUさんみたいになりたい。50歳になっても女性として魅力的でいたい」と目を輝かせたが、YOUと親交のある東野からは「俺はあんまりオススメできないな(笑)」と止められていた。

◆応募条件や募集受け付けは公式HPより
https://utaeru-pj.com/



関連写真

  • 1年間を通して次世代の歌姫を選ぶコンテスト『No.1歌姫決定戦〜第一回夢のステージで歌えるコンテスト〜』を盛り上げる(左から)東野幸治、山田菜々、山里亮太 (C)ORICON NewS inc.
  • 応募者たちのサポートを誓った (C)フジテレビ/吉本興業

オリコントピックス