アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 【CMタレント好感度】“三太郎”旋風で松田翔太初V 女王上戸彩は圧巻3連覇

【CMタレント好感度】“三太郎”旋風で松田翔太初V 女王上戸彩は圧巻3連覇

 CM総合研究所は15日、2014年度のCMタレント好感度ランキングを発表した。男性部門は、桃太郎を演じた【KDDI/au】の「三太郎」シリーズが大ヒットした松田翔太が前年度55位から大きく順位を上げ初の栄冠。女性部門では、【ソフトバンクモバイル/SoftBank】の「白戸家」シリーズなど14社のCMに出演した上戸彩が3連覇を達成した。

 松田は「三太郎」シリーズのほか、さまざまな場面で女性とキスする【明治/キシリッシュ】、宇宙人“オサレ星人”を演じた【マンダム/ギャツビー】など計5社のCMに出演。コミカルな役柄だけでなく、クールな演技やセクシーな表情を演じ分け、視聴者の心をつかんだ。

 男性部門では、同じく「三太郎」シリーズで金太郎を演じた濱田岳が2位、浦島太郎を演じた桐谷健太が3位となり、“三太郎”がワン・ツー・スリー・フィニッシュと上位を独占。同研究所は「三太郎」シリーズについて「3人のコミカルな掛け合いが印象的で今後の展開も注目されている」としている。

 上戸は「白戸家」シリーズをはじめ、【アサヒビール】【アサヒ飲料】【日本通運】など14社のCMに出演。明るく親しみやすいキャラクターが性別や世代を超えて支持を集めた。女性部門2位には「白戸家」シリーズで上戸の母親役を演じた樋口可南子が続いた。

 3位には広瀬すずがランクイン。同シリーズのほか【リクルート/ゼクシィ】【ロッテ/フィッツ】【JR東日本/JR SKISKI】など9社のCMに出演し、前年度518位から大きく躍進した。同研究所は「かわいらしさと演技力を兼ね備えたキャラクターが評価されており、今後の活躍が注目される」と説明している。

■2014年度 CMタレント好感度TOP10(左から順位、タレント、出演企業数、主なCM)
男性部門
1位 松田翔太 5 【KDDI/au】
2位 濱田岳 2 【KDDI/au】
3位 桐谷健太 2 【KDDI/au】
4位 堺雅人 5 【ソフトバンクモバイル/SoftBank】
5位 ダンテ・カーヴァー 1 【ソフトバンクモバイル/SoftBank】
6位 松岡修造 11 【KDDI/au】
7位 大野智 9 【キリンビール/一番搾り】
8位 櫻井翔 11 【キリンビール/一番搾り】
9位 二宮和也 9 【キリンビール/一番搾り】
10位 妻夫木聡 5 【全国都道府県及び全指定都市/ロト7】

女性部門
1位 上戸彩 14 【ソフトバンクモバイル/SoftBank】
2位 樋口可南子 2 【ソフトバンクモバイル/SoftBank】
3位 広瀬すず 9 【ソフトバンクモバイル/SoftBank】
4位 柳原可奈子 3 【KDDI/au】
5位 杉咲花 2 【KDDI/au】
6位 石原さとみ 9 【サントリースピリッツ/鏡月】
7位 米倉涼子 9 【全国都道府県及び全指定都市/年末ジャンボ宝くじ】
8位 新垣結衣 7 【明治/メルティーキッス】
9位 ローラ 15 【サントリースピリッツ/ジム・ビーム】
10位 有村架純 16 【KDDI/au】
(CM総合研究所調べ)

※調査概要
・2014年度のCM展開:1968社(東京キー5局)、総数:男性936人、女性699人
・集計期間:2014年度4月度〜2015年3月度、年間累計
・関東1都6県在住の一般モニター男女3000人の「月例CM好感度調査」の12ヶ月分をもとに集計
・企業、銘柄名はCM DATABANK登録名称



オリコントピックス