ドラマ&映画 カテゴリ

ATSUSHI×AIが7年ぶりデュエット AKIRA主演ドラマ主題歌歌う

 人気グループ・EXILEのボーカルATSUSHIと歌手・AIのデュエット曲「Be Brave」(今秋発売予定)が、7月スタートのEXILE AKIRA主演ドラマ『HEAT』(毎週火曜 後10:00 関西テレビ・フジテレビ系)の主題歌に起用されたことがわかった。2008年に発表した「So Special」以来、7年ぶり2作目のタッグを組んだ2人は、「EXILE ATSUSHI+AI(エグザイルアツシプラスアイ)」として、命をテーマにした壮大な楽曲を歌いあげる。

 ドラマは総務省消防庁、東京消防庁の全面協力のもと、史上初の「消防団」が舞台。AKIRA演じる不動産会社のエリートビジネスマンが、街を買収するため素性を隠して入団した消防団との出会いにより、人間的に成長していく姿を描く。主題歌の歌詞は、4月1日に妊娠を発表したAIと、ドラマのストーリーを重ね合わせ、ATSUSHIとAIが共作した。

 ATSUSHIは「消防団のお話ということもあり、命をテーマにした曲を作りました。共演してくれたAIちゃんのお腹の中にも新しい命が宿っていて、お腹の中の命、子どもたちの命、そしてもちろん大人たちの命や、大切な人を失った方々にも、少しでも希望を持っていただければという想いもありました」と明かす。

 一方のAIは「久しぶりの共演だったけど、また一緒に歌えて光栄です! アッちゃんも歌うときにすごく魂を込めて歌うので本当に伝わってきます。今回はハモっているところがたくさんあって、前に共演した『So Special』とは違った感じで歌えて、とにかく楽しかったです」と7年ぶりの共演を喜んだ

 関西テレビの萩原崇プロデューサーは、同曲を初めて聴いたときに「楽曲の持つ『包容力』と『壮大さ』に心が震えました」と振り返り、「『大切な人を守る勇気』という楽曲のテーマは、主人公が少しずつ大切な人との絆を感じ、守りたいと思っていくドラマにぴったりな世界観だと思いました。ドラマの放送の中でこの楽曲を耳にすることで、きっと誰もが、人と人が思い合う絆を感じてもらえるのでは」とストーリーとの関連性に自信をにじませた。

オリコントピックス

メニューを閉じる