• ホーム
  • 芸能
  • 極楽とんぼ、9年ぶりに共演 山本が加藤のライブに飛び入り

極楽とんぼ、9年ぶりに共演 山本が加藤のライブに飛び入り

 2006年7月の未成年への淫行騒動で芸能界を事実上引退し、今年1月に約8年半ぶりに活動再開した極楽とんぼ山本圭壱が5日、相方の加藤浩次のコントライブ『イルネス製作所〜今世紀最大の発明』に飛び入り参加し、9年ぶりの共演を果たした。

 この日の公演を客席で見ていた山本は、出演者のおぎやはぎ・矢作兼に促され舞台上へ登場した。加藤から「まずは謝れ」と言われた山本は「関係者やファンの皆さん、ご迷惑をおかけいたしました」と謝罪。その後は9年ぶりのそろい踏みで往年を彷彿とさせる掛け合いを見せ、客席を大いに沸かせた。

 山本が今年1月に復帰を発表した際、加藤はMCを務める日本テレビ系の朝の情報番組『スッキリ!!』で「もう一回極楽とんぼをやって、決着をつけたい」と心境を語っていた。この日は2人でコントを披露することはなかったが、加藤は「いつか一緒にコントができるまで頑張ろう!」と“再結成”へ意欲を見せた。

 山本は淫行騒動で所属事務所を解雇され、引退状態になっていたが今年1月19日、東京・下北沢駅前劇場のお笑いライブで芸能活動を再開。3月に広島、4月には宮崎で東京と同じ投げ銭ライブを開催し、4月から宮崎のFMでパーソナリティを務めるなどの動向が注目を集めていた。