アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ドラマ『図書館戦争』今秋放送へ 岡田准一ら映画キャストが集結

ドラマ『図書館戦争』今秋放送へ 岡田准一ら映画キャストが集結

 人気グループ・V6岡田准一が今秋放送のTBSドラマスペシャル『図書館戦争 BOOK OF MEMORIES』で、昨年のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』以来、民放では4年ぶりにドラマ出演することが28日、わかった。

 本を読む自由を守るために銃器を手にして抵抗する図書隊員の熱き姿を描いた『図書館戦争』シリーズ(有川浩/角川文庫刊)。累計570万部を超えるベストセラーはアニメ、コミック、実写映画とメディアミックスを広げ、映画『図書館戦争』(2013年)は大ヒット。「図書館戦争プロジェクト」としてこの秋には映画『図書館戦争 THE LAST MISSION』の公開(10月10日)も決まっている。

 同ドラマには、堂上篤役の岡田のほか、榮倉奈々田中圭福士蒼汰栗山千明石坂浩二ら映画と同じキャスト、スタッフが集結。このほか、福士演じる手塚光の兄・手塚慧役に松坂桃李、栗山演じる柴崎麻子が好意を寄せる学芸員・朝比奈修二役に中村蒼、田中演じる小牧幹久の幼なじみ・中澤毬江役に土屋太鳳、と新キャストも参加する。

 ドラマは、関東図書基地で図書特殊部隊(タスクフォース)に所属する笠原郁(榮倉)が、検閲で取り上げられそうになった本を取り返してくれた図書隊員を負ってタスクフォースの一員に。郁はある日、聴覚障害のある毬江と知り合う。毬江は堂上班の先輩である小牧の幼なじみで、小牧に薦められた本を読んでいたが、本が不適切という理由で検閲機関に身柄を拘束。これに堂上や郁ら図書隊員たちが怒りを覚える、というストーリー。

 岡田は「図書館戦争の続編は映画だけではなく、ドラマもあります。原作ファンの方のみならず、初めて観ていただく方にも楽しめるようになっていると思います。新キャストの方々も加わった、図書館戦争の世界をぜひ楽しんで下さい」とコメントしている。



オリコントピックス