アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 玉置浩二、哀川翔の主演作にゾンビ姿で“愛情出演”「ヤバイ!キマッたぜぇコレは」

玉置浩二、哀川翔の主演作にゾンビ姿で“愛情出演”「ヤバイ!キマッたぜぇコレは」

 歌手・玉置浩二(56)が、俳優・哀川翔(53)の主演最新作『Zアイランド』(16日公開/品川ヒロシ監督)で、まさかのゾンビ役で出演していることが4日、わかった。「同じ時代をかけぬけて来た翔ちゃんの30周年記念主演最新作であり、品川監督とのパッションを見守りたかったのかな」と出演に至る経緯を明かした玉置は、完成した作品を観て「ヤバイ!キマッたぜぇコレは…。まさか…次はオレかい?」と自信をにじませている。

 同作は、組同士の抗争に敗れた主人公が10年の歳月を経て、とある島でかつてのライバルたちと再び対峙し、想定外のバトルを展開する姿を描くアクションエンタテインメント。出演者の一人、宮川大輔のゾンビメイク姿なども話題となった。

 プロデューサーの二宮直彦氏は玉置について「何故いたのか、、、突然、なんの前触れもなく(現場に)来たんですよね。ホントに」と明かし「昼は撮影に立ち会って、夜は宴会で歌を披露してくれて監督・キャストの皆さん・スタッフ全員感激でウットリしました。玉置さんの翔さん・品川監督への愛が深い故に1週間いらっしゃったんでしょうね」と“愛情出演”の裏話を語った。

 一方、ゾンビを演じた玉置は「誰か名の知れたかくれゾンビが欲しいと品川監督が思っていて、自らやるつもりだと聞き、撮影終盤…メイクに4〜5時間かかるスーパーゾンビ…! ワンシーン……俺しかいないな」と悟ったといい「このために佐渡に1週間もいたんだと、ただ飯食ってたわけじゃないと思い、救われたのであります。イエーイ!」と出演を喜んだ。



関連写真

  • ゾンビ役で哀川翔の主演作に出演した玉置浩二
  • 哀川翔の30周年記念主演最新作『Zアイランド』

オリコントピックス