アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 『ど根性ガエル』が松山ケンイチ主演で初実写化 16年後の未来描く

『ど根性ガエル』が松山ケンイチ主演で初実写化 16年後の未来描く

 国民的人気漫画『ど根性ガエル』が、7月期日本テレビ系土曜21時枠の連続ドラマとして初めて実写化されることが4日、明らかになった。主人公・ひろし役として俳優の松山ケンイチが『銭ゲバ』(2009)以来、6年ぶりに民放連ドラに主演。登場人物たちの16年後の未来というオリジナルストーリーと新設定、そして最新技術でリアルに動く“平面ガエル”のピョン吉が、2015年に蘇る。

【写真】その他の写真を見る


 原作漫画は、おっちょこちょいな中学生・ひろしと、彼が転んだ際にシャツに張り付き“平面ガエル”となったピョン吉によるコメディー作品。1970年に『週刊少年ジャンプ』で連載開始し、1972年にスタートしたアニメも大ヒットした。今回は、なんとか人生を「ど根性」で乗り切ってきたものの、現在はダメ男になった30歳のひろしが、ピョン吉のある異変をきっかけに、人生をやり直そうとする…というストーリーを明るく描き出す。

 松山は、これまでに実写映画『DEATH NOTE』シリーズの探偵・Lや、『銭ゲバ』の蒲郡風太郎など強烈な二次元キャラクターを度々演じてきた。今作も「どんな撮影になるのか想像つかないので楽しみです」と期待を寄せ、「僕はこの作品で根性というものともう一度向き合いたいと思います」と意気込んでいる。

 ひろしの“永遠のマドンナ”・京子ちゃん、ひろしの中学時代の先生・ヨシコ、寿司職人・梅さん、ガキ大将・ゴリライモなど、おなじみのキャラクターもすべて16年後の姿となり、それぞれに生まれた大きな変化も見どころ。『ちゅらさん』や『最後から二番目の恋』などの脚本を手がけ、オリジナルストーリーとなる本作の脚本も担当する岡田恵和氏は「熱くてバカだけど、笑って泣いて、力が沸いてくるようなドラマを目指したいと思います」と“ど根性”を込めている。



関連写真

  • ドラマ『ど根性ガエル』で主人公ひろしを務める松山ケンイチ(C)吉沢やすみ/オフィス安井
  • 漫画『ど根性ガエル』より(C)吉沢やすみ/オフィス安井
  • 漫画『ど根性ガエル』より(C)吉沢やすみ/オフィス安井
  • 漫画『ど根性ガエル』より(C)吉沢やすみ/オフィス安井

オリコントピックス