• ホーム
  • 映画
  • 三池崇史監督、『極道大戦争』がカンヌに 12年ぶり監督週間に選出

三池崇史監督、『極道大戦争』がカンヌに 12年ぶり監督週間に選出

 三池崇史監督の最新作『極道大戦争』(6月20日公開)が、5月13日からフランスで開かれる『第68回カンヌ国際映画祭』の監督週間にて上映されることが20日、わかった。三池作品としては、2013年の『藁の楯』で同映画祭のコンペティション部門に正式に出品されているが、監督週間への選出は03年の『極道恐怖大劇場 牛頭』以来12年ぶりとなる。

 最新作は、ヤクザヴァンパイアに噛みつかれた人間がヤクザ化してしまうというストーリー。三池監督が「原点回帰」として制作に挑んだ作品で、昨今の日本映画では珍しく原作なしの完全オリジナルとなっている。

 きのう20日、都内で囲み取材に応じた三池監督は「さすがカンヌだと言いながらも、カンヌ大丈夫か」とニヤリ。「この作品が、彼らにとって観るべき、楽しむ価値のあるものと判断してもらえた。それを堂々と映画祭として発信する。それはうれしい」と喜びつつも、「選んだのはそちらなので、観た人がどう思おうと俺には責任はない」と“三池節”で語った。

 主演は俳優・市原隼人(28)が務めており、三池監督は「昭和の映画が盛んに作られて、勢いがあった時代に存在した役者の匂いを持っている」と分析。同映画から「日本人らしい日本人がまだいたと思ってもらえるのではないか。カンヌから観ると、日本的な男の匂いを感じるのでは」と期待を込めた。

 市原も「三池監督の現場は、毎日が輝き新鮮で職人という言葉が似合う風が吹いていました。撮影中現場に行くことが毎日本当に楽しみでした」と撮影を振り返り、「今回フランスのカンヌで上映されるということで、多くの皆様にこの作品を可愛がっていただけることを願っております」とエールを送った。

 監督週間は1969年に創設されたもので、新しい才能を発掘する一方で巨匠監督の独創的な作品などを上映している。



関連写真

  • 三池崇史監督の最新作がカンヌ監督週間で上映へ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)三池崇史監督、主演を務めた市原隼人(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス