• ホーム
  • 芸能
  • 芸人監督たちを悩ませた『ちびまる子ちゃん』 ビートたけしは「無理だった」と白旗

芸人監督たちを悩ませた『ちびまる子ちゃん』 ビートたけしは「無理だった」と白旗

 19日放送のフジテレビ系『オモクリ監督 〜O-Creator’s TV show〜』(毎週日曜 後9:00)では、今年アニメ放送25周年を迎えた『ちびまる子ちゃん』(毎週日曜 後6:00)とコラボレーション。レギュラー監督の千原ジュニアバカリズム劇団ひとり、ゲスト監督のレイザーラモンRGレイザーラモン)、じろう(シソンヌ)、飛永翼ラバーガール)の6人が、「ちびまる子ちゃん」をテーマに「オモブイ」を発表する。

【写真】その他の写真を見る


 「オモブイ」とは、ユニークなテーマのもと、自ら企画構成し、監督したVTRを発表し、誰のVTRが一番面白いかを競う。番組冒頭のトークでジュニアは「今までで、一番難しかった」、バカリズムも「テーマが限定されているから、難しかった」、ひとりも「テーマが激ムズ」と声をそろえ、「ちびまる子ちゃん」というテーマに難儀した様子。審査委員長を務めるビートたけしは「自分でもいろいろと考えてみたけど無理だった」と白旗を揚げたほど。

 原作者のさくらももこ氏は「『オモクリ監督』は面白いなァと思って観ていたので、ちびまる子ちゃんをテーマにしていただけるときいて喜びました。放送が楽しみです。アニメ25周年のうれしい記念になります!!」とコメントを寄せている。

 レイザーラモンRGは、番組初登場となり、持ちネタの“あるあるネタ”から「オモクリ監督あるある」をスタジオで披露する一幕も。なお、ゲスト審査員として、伊集院光北山宏光Kis-My-Ft2)、おのののかが出演する。

 19日の放送では、「ちびまる子ちゃん」をテーマにした「オモブイ」のほかに、新企画「オモソン〜日本県別勝手にイメージソングバトル〜」を放送。今回は秋田県を取り上げる。自ら作詞、作曲し、さらにはスタジオで生歌を披露するのは、秋山竜次(ロバート)、エハラマサヒロどぶろっくの3組。審査委員は、レギュラー出演者のビートたけし、バカリズム、劇団ひとり、番組のオープニングテーマを担当し、秋田県出身でもある高橋優が務める。



関連写真

  • 4月19日放送の『オモクリ監督』は『ちびまる子ちゃん』とコラボ
  • 『ちびまる子ちゃん』をテーマにオモブイに挑戦する6人(左から)千原ジュニア、バカリズム、劇団ひとり、レイザーラモンRG、じろう(シソンヌ)、飛永翼
  • 審査委員長のビートたけし
  • 『オモクリ監督 〜O-Creator’s TV show〜』レギュラー監督の(左から)千原ジュニア、バカリズム、劇団ひとり
  • 『オモクリ監督 〜O-Creator’s TV show〜』(左から)ビートたけし、司会の吉田羊
  • 4月19日放送の『オモクリ監督 〜O-Creator’s TV show〜』の新企画「オモソン」に出演したどぶろっく、エハラマサヒロ、秋山竜次(ロバート)
  • 4月19日放送の『オモクリ監督 〜O-Creator’s TV show〜』の新企画「オモソン」の審査員を務めた高橋優

オリコントピックス