• ホーム
  • 映画
  • カン・ドンウォン、『群盗』特別映像で日本ファンへメッセージ「4年ぶりです」

カン・ドンウォン、『群盗』特別映像で日本ファンへメッセージ「4年ぶりです」

 韓国の2大トップスター、カン・ドンウォンハ・ジョンウがW主演で激しい殺陣アクションを披露する『群盗』(4月25日)。その本編上映前に、2人から日本のファンへのメッセージ映像が劇場限定で流されることがわかった。

【写真】その他の写真を見る


 同作は、悪徳官僚や富豪貴族が世の中を支配し、貧しい民が搾取と弾圧に苦しめられていた朝鮮王朝末期の1862年が舞台。クエンティン・タランティーノ監督の西部劇を彷彿させる音楽とテンポのよいストーリー展開で描く、史劇を超えたアクションエンターテインメント。人気と実力を兼ね備えた韓国若手No.1俳優、カン・ドンウォンの除隊後4年ぶりのスクリーン復帰作であり、美しくも狂気を宿す悪役を演じることでも話題になっている。

 同メッセージでカン・ドンウォンは、劇中で演じる冷酷で残虐な武官の役からは想像できない穏やかな表情を浮かべ、日本のファンへ向けて「こうしてお会いするのは4年ぶりです」とあいさつ。作品と演じたキャラクターについて説明し、悪役を演じながら作品に込める想いをコメント。最後は「日本でお会いできる日を楽しみにしています」と締めている。

 一方、メガネをかけてインテリな雰囲気で登場したハ・ジョンウは、シーンのトップを駆け抜けるベテラン俳優ならではの独特のオーラを放ちながら、静かに力強く作品が伝えるメッセージを語っている。



関連写真

  • メッセージ映像のカン・ドンウォン「日本でお会いできる日を楽しみにしています」
  • ハ・ジョンウ
  • 『群盗』
  • 『群盗』

オリコントピックス