• ホーム
  • 芸能
  • 紳助さん、作詞活動再開も芸能界復帰は否定「人生のカウントダウンが始まった」

紳助さん、作詞活動再開も芸能界復帰は否定「人生のカウントダウンが始まった」

 2011年8月に芸能界を引退した元タレント・島田紳助さんが、歌手のRYOEIの新曲を作詞していたことが6日、RYOEIのブログで明らかになった。これを受け、きょう放送の読売テレビ・日本テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』(毎週月〜金 後1:55〜)で、芸能レポーター井上公造氏が紳助さんに電話取材した模様が語られた。

 紳助さんは昨年8月のRYOEIのライブにもサプライズで登場していたが、井上氏によると、「RYOEIがもっとメジャーになるための力を貸せるなら」という気持ちから、紳助さんが作詞を行ったという。

 現在は「旅行とゴルフと釣り」ばかりやっているという紳助さんは、昨日も元タレントの上岡龍太郎さん(2000年に引退)とゴルフをして人生を語っていた、と井上氏が明かした。

 芸能界復帰については、「まったくない」と完全否定。「還暦を過ぎ、人生のカウントダウンが始まりました。だからこそ、これからの10年は、仕事をしているときには絶対できなかった“やりたいことが いつでもできる”ことに感謝し、日々を大切にしていきたいと思います」と心境を語っている。

 さらに、司会の宮根誠司にも「僕も宮根さんに負けないくらい体を鍛えています。ゴルフで言えばドライバーで270ヤード飛ばせるくらい元気です」と体の充実ぶりをアピールした。

 RYOEIのブログにも紳助さんのコメントが掲載され「芸能界でやりたいことは全てできたし、最後はいっぱい歌を作れた事が楽しかったです」と、芸能界に未練がないことを語るも、「これからもリョーエイと機会があれば作って行きたいと思います」と、今後も作詞活動を続けていく意欲を見せている。



オリコントピックス