TOHOシネマズ有楽座が閉館 58年の歴史に幕

 東京・有楽町のニユートーキヨービル内にある映画館「TOHOシネマズ有楽座」が27日に閉館し、58年の歴史に幕を下ろした。最後の上映作品は、ひとりの少年の6歳から18歳までの成長と家族の軌跡を描いた『6才のボクが、大人になるまで。』。終了後には、閉館を惜しんで駆けつけた観客からスクリーンに向かって大きな拍手が贈られた。

 有楽座は、1935年に演劇劇場(現 東宝日比谷ビル)として誕生。1951年には映画専用劇場となり、1984年に一度閉館したが、2005年に「ニュー東宝シネマ1」を「新・有楽座」として改装オープン。2009年には「TOHOシネマズ有楽座」と館名を改め多くの名作を上映してきたが、ニユートーキヨー本店ビルの閉鎖に伴い閉館することとなった。

 座席数397のうち、最終上映の観客数は78席。平日だったこともあり満席とはならなかったが、副支配人の岸剛広氏によると「通常より多くの方に来ていただけた」。名残惜しそうに館内を撮影する観客の姿も多く見られた。

 上映終了後には、支配人が「これまで何度となく舞台あいさつで見てきたステージに初めて立たせてもらうので、緊張しています」と壇上に立ってあいさつ。有楽座の歴史を振り返り、「古くは『小さな恋のメロディ』、最近では『ベイマックス』と大ヒット作を上映してくることができました。短い期間の支配人ではございましたが、光栄に思うことができる、誇りに思うことができる劇場でした」。

 最後は「少し現実味がある言葉になりますが」と前置きし、「皆さま、お帰りの際には身の回りの貴重品をお忘れになられることがないようようご注意くださいませ。本日はTOHOシネマズ有楽座にご来館いただきまして、誠にありがとうございました」と深く頭を下げて感謝を伝えていた。



関連写真

  • 58年の歴史に幕を閉じた「TOHOシネマズ有楽座」 (C)ORICON NewS inc.
  • 58年の歴史に幕を閉じた「TOHOシネマズ有楽座」 (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス