アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • SKE48ファンに卒業生の呪縛?――石原真監督に聞く【1】

SKE48ファンに卒業生の呪縛?――石原真監督に聞く【1】

 東京・秋葉原を拠点に活動するアイドルグループAKB48の全国進出第1弾として、2008年7月、名古屋・栄に誕生したSKE48。その6年半の歴史が、同グループ初のドキュメンタリー映画『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』として、きょう27日に公開される。メガホンを取ったのは、元NHKプロデューサーで本作が映画監督デビュー作となる石原真氏。芸能界を引退した卒業生を含む40人以上のインタビューを敢行した同監督に、本作に込めた思いを聞いた。

――これまでAKB48の4本のドキュメンタリー映画にプロデューサーとして関わってこられたなかで、今回SKE48の映画で監督デビューすることになった経緯は?
石原 昨年NHKを定年退職し、NHKエンタープライズに入社したことで、こうした仕事を引き受けることができるようになりました。今回は制作期間が一番短いけれど、歴史は一番長い姉妹グループが対象。6年半の歴史の中で卒業生、兼任も含めて125人のメンバーがいるので、デビュー当時から番組(NHK総合『MUSIC JAPAN』)を通じて付き合いがあり、グループの歴史や楽曲にも詳しいことが監督を任された理由の一つなのではないかと思います。

――現役・卒業生・関係者も含め、40人以上のインタビューが核となっています。
石原 48グループは入ったときから、ノーメイク、よれよれのジャージ姿であろうが、カメラが容赦なくずっと回っています。まずは6年半分の記録映像を片っ端から洗い出し、SKE48のスピリッツはどうやって生まれ、どう継承されていったのか、証言で構成するスタイルにしました。48グループのドラマは新しい劇場公演によって生まれると思っているので、今回の映画でも三つの公演が中心。本来は地元のナゴヤドーム公演(昨年2月)のバックステージで作るところなのでしょうが、日常のレッスン場と劇場で物語が進展していくのがSKE48らしいなと思って。インタビューは昨年11月から12月にかけて行いました。

――芸能界を引退し一般生活に戻っている卒業生も多数インタビューで登場しますが、交渉はすんなりと?
石原 実は矢神久美さん(1期生=13年5月卒業後、芸能界引退)には何度も断られました。矢神さんがいないバージョンを作っていたほどで、途中で断念しようかな、もう無理かなとも思いましたが、最後に手紙を書き、しばらくしたら「わかりました、受けます」と。インタビューしたのは1月末です。ファンの方も恐らく、矢神さんは出ないと思っていたんじゃないかな。

――卒業生といえば、小木曽汐莉さん(13年5月卒業後、芸能界引退)が「プロポーズしてもらって…」と告白する予告編は驚きました。
石原 僕は予告では出したくなかったんですけどね(苦笑) ネタバレになるので実際に見ていただきたいと思います。

――完成披露舞台あいさつ(2月15日)では、ファンに向けて「皆さんは卒業生の呪縛があると思う」と指摘されていました。
石原 これまでSKE48に在籍したメンバーは125人。4月頭には現役が53人、卒業生が72人にのぼります。絶頂期で辞めた矢神さんなんて、まだ20歳。見てわかるとおりルックスも衰えていなかったけれど、未練はなさそうでした。戻ってくることを期待しているファンの呪縛を解いてあげないとグループは先へ進めない。ずっと引きずったままでは新しい章が刻めないので。新しいSKE48に生まれ変わるための作品でもあります。

【2】に続く



関連写真

  • 卒業者が相次ぐSKE48のドキュメンタリー映画『アイドルの涙 DOCUMENTARY of SKE48』がきょう公開(前列左が石原真監督)
  • 当時11歳の松井珠理奈が早くもセンターの自覚を見せるシーンも
  • 2月15日に行われた完成披露舞台あいさつにて (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス