• ホーム
  • 映画
  • 松岡茉優、初の映画賞受賞に感涙 『ゆうばり映画祭』が開幕

松岡茉優、初の映画賞受賞に感涙 『ゆうばり映画祭』が開幕

 今年で25周年を迎える『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015』が19日、北海道・夕張市で開幕した。アディーレ会館ゆうばりで行われたオープニングセレモニーでは、活躍が期待される“新しい波”に贈られる『京楽ピクチャーズ.PRESENTS ニューウェーブアワード』の表彰式が行われ、俳優の中村蒼松岡茉優、クリエーターの増田セバスチャン氏が受賞した。

【写真】その他の写真を見る


 女優部門を受賞した松岡は、プレゼンターとして登場した武田梨奈と抱き合うと感激の涙。「梨奈とは中学生とかその位の時期から一緒に仕事をしていましたが、その頃は2人とも本当にヒマで。それが今、こうして梨奈も私も忙しくさせていただいていて、感激しています」と喜びを噛み締めると、「夕張、初めて来たのに、なんで皆さんそんなに優しいんですか!?」とまたも感極まって涙を流し、「初めていただく賞がゆうばり映画祭のこの賞で、本当にうれしいです。これから、映画を好きでよかったと思っていただけるような作品を作っていきたいと思っています」と決意新たにしていた。

 俳優部門を受賞した中村は「この仕事を初めて9年目ですがこういった賞をいただくのは初めてで本当にうれしいです。この仕事をしているとどうしてもネガティブなことを考えがちで、周りがうらやましくなったり。でもそれが今回受賞させていただいたことで、今までやってきたことの自信になりました」とスピーチし、「もうすぐ24歳の誕生日も近いので素晴らしいプレゼントにもなりました」と受賞を喜んでいた。

 表彰式の前には、夕張に到着した松岡、増田、オープニング作品『ジヌよさらば かむろば村へ』で主演を務める松田龍平松尾スズキ監督を市民約200名が歓迎。松岡は夕張市のゆるキャラ・メロン熊の荒い歓迎に笑顔を見せていた。

 『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015』は「世界で一番、楽しい映画祭」をキャッチコピーに、23日まで84本の映画を市内各地で上映する。



関連写真

  • 『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015』のオープニングセレモニーに登場した(左から)増田セバスチャン氏、中村蒼、松岡茉優
  • オープニング招待作品『ジヌよさらば〜かむろば村へ〜』舞台あいさつに出席した(左から)松田龍平、松尾スズキ監督
  • 歓迎セレモニーの模様(手前から)松尾スズキ監督、松田龍平
  • 歓迎セレモニーの模様(左から)増田セバスチャン氏、メロン熊、松岡茉優

オリコントピックス