アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • “27歳”倉科カナ、15歳中学生役に苦笑「メンタル的に追い詰められた…」

“27歳”倉科カナ、15歳中学生役に苦笑「メンタル的に追い詰められた…」

 女優の倉科カナ(27)が18日、都内で行われたWOWOWオリジナルドラマ『連続ドラマW 天使のナイフ』(22日スタート 毎週日曜 後10:00)の制作発表記者会見に出席。劇中で保育士役を演じている倉科だが、作品の鍵を握る回想シーンでは15歳の中学生役を熱演。大勢の報道陣を前に「メンタル的に追い詰められた」と本音を漏らした。

【写真】その他の写真を見る


 中学生役のオファーに「驚いた」と目を丸くした倉科。共演した藤本泉(23)と共に中学生時代の撮影では実際に制服を着たといい、「中学生に混ざってメンタル的に(永山耕三)監督に追い詰められたし、ハーフパンツに裸足で走らされて体力的にも追い詰められた…」と苦笑いすると、藤本も「中学生のハーフパンツの短さには衝撃でした。こんなに短いのかと」と振り返っていた。

 同作の主演を務めた小出恵介(30)は、二人を眺めながら「ブルマを期待していたのにハーフパンツだった…。年代設定ではブルマの時代だったのに」と肩を落とすと、倉科は照れ笑いを浮かべていた。

 また、倉科と初共演を果たした小出は「嫁というか、小姑みたい。しっかりしていて頼りがいがある」と冗談交じりに絶賛。倉科は笑いながらも「共演できてとても光栄です。現場でとても楽しそうにされて、居心地のいい雰囲気を作ってくれた」と感謝していた。

 13歳の少年3人による殺人と少年法を扱った同作。14歳未満の殺人犯は刑法で保護され刑事責任能力は問われない。一方、被害者やその遺族は実名も顔写真もプライバシーも晒される。このような事件が身内に起きた時、犯人を赦(ゆる)すことはできるのか。もし、自分の子どもが加害者になってしまったら、更生させられるのか。そんな両者の視点に立って物語は描かれる。

 会見にはそのほか、千葉雄大(25)、ラサール石井(59)が出席。終了間際には今月20日に誕生日を迎える小出にバースデーケーキがサプライズでプレゼントされた。



関連写真

  • 中学生役に苦笑した倉科カナ (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)千葉雄大、藤本泉、小出恵介、倉科カナ、ラサール石井 (C)ORICON NewS inc.
  • 誕生日を控える小出恵介をサプライズで祝福 (C)ORICON NewS inc.
  • 誕生日を控える小出恵介をサプライズで祝福 (C)ORICON NewS inc.
  • 誕生日を控える小出恵介をサプライズで祝福 (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOWオリジナルドラマ『連続ドラマW 天使のナイフ』制作発表記者会見 に出席した小出恵介 (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOWオリジナルドラマ『連続ドラマW 天使のナイフ』制作発表記者会見 に出席した藤本泉 (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOWオリジナルドラマ『連続ドラマW 天使のナイフ』制作発表記者会見 に出席した千葉雄大 (C)ORICON NewS inc.
  • WOWOWオリジナルドラマ『連続ドラマW 天使のナイフ』制作発表記者会見 に出席したラサール石井 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス