• ホーム
  • 映画
  • 樹木希林、出演作にボヤき「割にあわない役どころ」

樹木希林、出演作にボヤき「割にあわない役どころ」

 女優の樹木希林が18日、都内で映画『駆込み女と駆出し男』(5月16日公開)完成報告会見に出席。公式の会見は今回が初となったが、開始早々から「こういうところに出てくるほど役に立っていないです。いまだに(映画の)題名が覚えられない」と“希林節”全開で笑わせた。

 劇中で使用した暖簾(のれん)の文字を書いた樹木は「経費節約であなた書いてよって言われた。いっぱい書かされて、なんか割にあわない役どころです」とボヤくも、作品については「若い人たち(役者)が力量以上の力を発揮していた」と満足げ。その後、同作にちなんで“離婚”の話題になると「私は長くなるから大泉(洋)さんどうぞ」と回避し、“奔放”な振る舞いで沸かせた。

 主演を務めた大泉は「希林さんから非常に勉強になったのは、全てのことを私が決めるっていうこと。希林さんは帰る時間も自分で決める。まだ撮影はあるのに『もう来ないわ』って帰る」と物まねを交えながら話して笑わせた。

 同作は、劇作家の故・井上ひさしさんが晩年に11年をかけて執筆した時代小説『東慶寺花だより』が原案。江戸時代に幕府公認の縁切り寺であった東慶寺を舞台に、離縁を求めて寺に駆け込んでくる女たちの聞き取り調査を行う御用宿の居候が、さまざまなトラブルに巻き込まれながら、訳あり女たちの再出発を手助けしていくさまを描く。

 そのほか、戸田恵梨香満島ひかり内山理名原田眞人監督が出席した。



関連写真

  • 出演作にボヤいた樹木希林 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)樹木希林、満島ひかり、大泉洋、戸田恵梨香、内山理名、原田眞人(C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス