アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 天海祐希、声優で最強最悪の“女ボス”に 映画『ミニオンズ』出演

天海祐希、声優で最強最悪の“女ボス”に 映画『ミニオンズ』出演

 女優の天海祐希が、アニメーション映画『怪盗グルー』シリーズに登場するミニオンたちを主人公にした新作『ミニオンズ』(7月31日公開)の日本語吹き替え版の声優を務めることが17日、わかった。謎の生物ミニオンたちとW主演となる最強最悪の女ボスを演じる。

 同作は、長年ボスを見つけては失ってきたミニオンが、シリーズで笑福亭鶴瓶が声優を務めた「怪盗グルー」に出会うまでの冒険を描き、ミニオンたちの誕生の秘密や、悪党のボスの仲間にならないと生きがいをなくしてしまうなどの生態の秘密も暴かれる。

 天海が担当するのは、ミニオンたちが最強のボスを探して辿りついたアメリカで出会う、悪党スカーレット・オーバーキル。オードリー・ヘップバーン風の外見をした、世界初の女性の悪党で、自分の欲しいものが手に入らないこと、相手が自分の思い通りに行動しないことに対して攻撃的になってしまうが、夫のハーブを深く愛するロマンチックな一面も持っている。

 天海は「(怪盗グルーの声優を務めた)鶴瓶さんより、強くて、悪いけど、人間味溢れるミニオンたちのボスになれるよう、楽しんでやらせていただきたいと思います! 鶴瓶さん〜! 負けませんよ! 夏休みの公開を楽しみにしてください!」と呼びかけている。

 6月に予定されているLAプレミアのカーペットへの参加も決定しており、同役を担当するアカデミー賞女優サンドラ・ブロックとのツーショットの実現も期待される。



関連写真

  • 『ミニオンズ』に登場する最強最悪の“女ボス”の日本語吹き替え版声優を務める天海祐希 (C)2015 Universal Studios.
  • スカーレットの外見はオードリー・ヘップバーン風 (C)2015 Universal Studios.
タグ

オリコントピックス