• ホーム
  • 芸能
  • 津田寛治、連ドラ初主演 『食の軍師』ドラマ化

津田寛治、連ドラ初主演 『食の軍師』ドラマ化

 ドラマ・映画に欠かせない名バイプレイヤーとして活躍する俳優・津田寛治が、連続ドラマに初主演することがわかった。4月よりTOKYO MXで放送する『食の軍師』で、主人公・本郷播役を演じる。俳優・松重豊主演でドラマ化された『孤独のグルメ』の原作者で知られる久住昌之氏が漫画家・和泉晴紀(泉晴紀)氏とコンビを組み、「泉昌之」名義で2009年12月から『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)に連載中の同名漫画のドラマ化だ。

【写真】その他の写真を見る


 ほぼ常にトレンチコートと帽子姿で、人一倍食事にこだわる本郷が、訪れる店の先々で己の兵法に従い、食べることに美学を追い求める。誰が求めたわけでもない、誰が評価するわけでもない、ただひたすらに己のこだわりを貫き、見せる男の生き様。ライバルの力石馨(りきいし・かおる)との間で繰り広げられる、三国志の兵法になぞらえた食の陣立て、食べ合戦が、バカバカしくも男のロマンあふれる熱いドラマとして展開する。

 力石役は高岡奏輔、本郷の脳裏に存在する、諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)役は篠井英介に決定。制作サイドは、「史上最強にウザい食バトルドラマをとおして、皆様に忙しい毎日の中でちょっとした息抜きと、大人の楽しみの探し方をお届けできたら幸いです」としている。

 津田自身の食のこだわりは「立って食べるのが好き」で、「食べ物の中では蕎麦が一番」なので、「立ち喰い蕎麦が大好きです」。津田にとってのロマンは「注文したらサッと出てきて、それを寡黙に立って食べる。食べている間はおしゃべりもせず、余計なことも考えず、味に集中してひたすら食べる。立って食べると味への集中力も高まる感じがします。まわりにいる人たちも同じように寡黙に食べていたらさらにグーです」。食べるメニューも大体同じで、「たぬきそば。夏は冷やしたぬき。シンプルで健康的だけど、ちょっとジャンキーな香りがする。そんなたぬきそばが大好物です」と話していた。

 連ドラ初主演というのも意外だが、「食べることは好きだけど堅苦しい店はちょっと…、やはり料理は安くて美味しくなきゃ、という僕の食のスタイルに本郷の信条がリンクします。『食の軍師』を自負しながらも、ちょっと小心者の本郷が、時に大人の嗜みをもって、時に子供のような奔放さをもって食の陣立てに一喜一憂する様は、とてもチャーミングで愛おしいです。そんなラブリー小市民、本郷が繰り広げる素晴らしい食の讃歌を楽しんでいただきたいです」と意気込んでいる。



関連写真

  • 名バイプレーヤー・津田寛治が連続ドラマ初主演。『食の軍師』TOKYO MXで4月スタート(C)久住昌之・和泉晴紀/日本文芸社
  • 原作漫画『食の軍師』メインイラスト(C)久住昌之・和泉晴紀/日本文芸社
  • TOKYO MXで4月スタートの連続ドラマ『食の軍師』に力石馨役で出演する高岡奏輔(C)久住昌之・和泉晴紀/日本文芸社
  • TOKYO MXで4月スタートの連続ドラマ『食の軍師』に諸葛孔明役で出演する篠井英介(C)久住昌之・和泉晴紀/日本文芸社

オリコントピックス