• ホーム
  • 芸能
  • 中村蒼「ニューウェーブアワード」受賞が決定 『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』

中村蒼「ニューウェーブアワード」受賞が決定 『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭』

 俳優の中村蒼(23)が、今月19日に開幕する『ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015』で、映画界で活躍する映画人を表彰する「京楽ピクチャーズ.PRESENTS ニューウェーブアワード」(男優部門)を受賞するこが決定した。

 2014年より新設された同賞は昨年、俳優の東出昌大をはじめ、宮藤官九郎、武田梨奈が受賞し話題に。今年は中村のほか、アーティストの増田セバスチャン、女優の松岡茉優が選出された。

  今回の受賞に中村は「この世界にいると僕はどうしてもネガティブなことを考えてしまいがちなんですが、このような賞を頂くと自分の自信に繋がるのでとてもうれしいです」と喜び「これからも映画の力を信じてこの賞の名前通りニューウェーブを起こせるように頑張りたいと思います!」とコメントしている。

 表彰式は19日の映画祭オープニングセレモニー内で行われる。

◇中村蒼
1991年、福岡県生まれ。第18回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞。映画『恋空』でスクリーンデビューし、『ひゃくはち』で初主演。以後、『大奥』『BECK』『トワイライト ささらさや』などを経て、2013年に初のNHK大河ドラマ『八重の桜』に出演、2014年は映画『東京難民』やTVドラマ『なぞの転校生』で主演を務める。今年は、NHK時代劇『かぶき者 慶次』、映画ではゆうばり国際ファンタスティック映画祭支援作品『春子超常現象研究所』に主演、すでにロッテルダム国際映画祭2015タイガーコンペティション部門、香港国際映画祭などの出品が決定している。



オリコントピックス