アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • ムロツヨシが小栗旬になりきり、『ウロボロス』スピンオフドラマ放送

ムロツヨシが小栗旬になりきり、『ウロボロス』スピンオフドラマ放送

 TBS系ドラマ『ウロボロス〜この愛こそ、正義。』(毎週金曜 後10:00)から俳優のムロツヨシ吉田鋼太郎らが出演するスピンオフドラマの放送(関東地区のみ)が決定した。13日放送の第5話と20日放送の第6話の直前、午後9時59分からの1分ドラマ。芸達者たちが集まった『ウロボロス』が見せる本気のアナザーストーリーだ。

【写真】その他の写真を見る


 13日放送分は、松江組で竜哉(小栗旬)の手足となって動く深町武(ムロ)のある行動が描かれる。タイトルは「ムロボロス〜この際だからやっとく感じ。」。プライベートでも親交のある小栗とムロの掛け合いがファンの間で話題だが、この1分ドラマで竜哉になりきる深町の姿がキャッチされている。

 20日放送分は、シェイクスピア俳優から今やお茶の間でもよく知られる存在となった吉田が登場。吉田といえば腹に一物ある役のイメージが強いが、今回演じている新宿第二署刑事課課長の三島薫役では、情に厚いがちょっと見はちゃらんぽらん、というキャラクターでドラマを盛り上げている。このスピンオフドラマでは、中間管理職である三島の悲哀が描かれる予定。

 本編は、生田斗真演じる刑事の龍崎イクオと、小栗演じるヤクザの段野竜哉が、幼い頃に目の前で殺された恩師の仇を討つために事件の真相を知る鍵を握る「金時計の男」を追う警察ミステリー。

 第5話と第6話では、生田、小栗、ムロがドラマ解説&撮影裏話を語る副音声企画も実施する(全国放送)。佐野亜裕美プロデューサーは「現場の雰囲気がとても楽しいという様子が取材やSNSなどで視聴者の方にも伝わっているようで、みなさんからそういう様子をもっと伝えてほしいというリクエストを多くいただいていたため、このようなスペシャル企画を用意しました」と話す。

 この3人のトークは、ムロがパーソナリティーを務めるラジオ番組に生田と小栗が出演した際、ツイッターのトレンド入りを果たしたほど注目度が高かったという折り紙付き。どんな話題が飛び出すのか、リアルタイムでしか聞くことができない“ここだけのスペシャル企画”となっている。

■公式ホームページ
http://www.tbs.co.jp/OUROBOROS/



関連写真

  • ドラマ『ウロボロス〜この愛こそ、正義。』2月13日(第5話)&20日(第6話)放送はスペシャル企画を実施。生田斗真、小栗旬、ムロツヨシによる副音声(全国)&スピンオフドラマ(関東地区のみ)を放送(C)TBS
  • 生田斗真、小栗旬、ムロツヨシの3人が語り合う撮影秘話を副音声で放送(C)TBS
  • 本編ではヤクザの段野竜哉(小栗旬)の腹心の部下・深町武を演じるムロツヨシ(C)TBS
  • ドラマ『ウロボロス〜この愛こそ、正義。』2月13日(第5話)&20日(第6話)放送はスペシャル企画を実施。生田斗真、小栗旬、ムロツヨシによる副音声(全国)&スピンオフドラマ(関東地区のみ)を放送(C)TBS

オリコントピックス