• ホーム
  • 映画
  • 永瀬正敏、監督のサプライズ登壇に感激「泣いてないっすよ」

永瀬正敏、監督のサプライズ登壇に感激「泣いてないっすよ」

 俳優の永瀬正敏が24日、都内で行われた台湾映画『KANO〜1931 海の向こうの甲子園〜』の初日舞台あいさつに出席した。

 日本の出演者のみの登壇であったが急きょ、マー・ジーシアン監督や台湾キャストらがサプライズで登場。驚きの表情を浮かべた永瀬は「あったかいすね、台湾の人は」と声を震わせ、「泣いてないっすよ」と感激していた。また、同席した女優の坂井真紀も再会を喜び、涙を見せていた。

イベントにはそのほか、本作に出演した大倉裕真、山村光太朗、青木健、主題歌を担当した歌手のRake中孝介も登壇した。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 舞台あいさつに出席した永瀬正敏 (C)ORICON NewS inc.
  • 舞台あいさつに出席した坂井真紀 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス