• ホーム
  • 芸能
  • GO-BANG’S、3月に20年ぶり新アルバム 森若ソロ第1弾のオリジナル作品

GO-BANG’S、3月に20年ぶり新アルバム 森若ソロ第1弾のオリジナル作品

 歌手・森若香織のソロユニットとして2013年に再始動したGO-BANG’S(ゴーバンズ)が、20年ぶりとなるオリジナルアルバム『FAIRY BRAIN』を3月3日に発売することが決定した。

 そもそもGO-BANG’Sは88年にメジャーデビューし、翌89年の「あいにきてI・NEED・YOU!」がヒットしたガールズバンド。94年に解散後、ボーカルの森若はソロアーティスト兼作詞家として活動してきたが、13年9月の25周年記念ベストアルバム発売を機に、“ひとりGO-BANG’S”宣言。新たに活動をスタートさせた。

 再始動第1弾となるオリジナルアルバムは、すべての楽曲の作詞作曲を森若が担当した。「アセるほどキャッチー」をコンセプトに制作された7曲は、往年のGO-BANG’Sらしさを織り交ぜた新感覚のポップチューンに仕上がっている。

 ジャケットデザインはデザイナーの新居拓朗氏が手がけ、繊細なタッチで描いた幻想的なビジュアルに。タイトルのタイポグラフィーは、80年代から音楽誌『PATi PATi』などで活躍したアートディレクターの染谷淳一氏が監修した。

 本作はAmazonおよびiTunes Storeで発売される。

■GO-BANG’S 森若香織メッセージ

「ゴーバンズ」には不思議なチカラがあります。今も昔も「ゴーバンズ」と名乗った時から、不思議な出会いや、不思議な運命が、次々にやって来ます。

それは音楽の「神」とか「宇宙」というオオゴト感より、もっとポップでラブリーに、ゴーバンズの世界を掌(つかさど)る存在で、それは何かと考えながら私は生きてきたのですが、このたびハッキリしました。

それはズバリ音楽の「妖精」でした!うふ。

せっかくハッキリしたので、この妖精に「トゥインクル」という名前をつけました。本作『フェアリーブレイン』は、このトゥインクルが、進化したゴーバンズの扉を開けるシーンから始まります。そして最後は、アナタの頭脳を棲家にしちゃう!的な、ファンタスティックな音と言葉の世界をお届けします。

トゥインクルと私からのメッセージは、
「エー・アール・アイ・ジー・エー・ティー・オー」
ぜひ、アセるほどキャッチしてくださいね。



オリコントピックス