• ホーム
  • スポーツ
  • 中田英寿氏、報道陣にチクリ アジア杯のコメント求められ…

中田英寿氏、報道陣にチクリ アジア杯のコメント求められ…

 元サッカー日本代表の中田英寿氏が13日、都内で行われた『「塗師」募集・育成キャンペーン』発表会に出席。報道陣からの質問時間のなかで、きのう12日にアジアカップ初戦を勝利したサッカー日本代表へのコメントを求められ、場に合わない質問にチクリと返答する一幕があった。

 サッカー絡みの質問が飛び、「工芸日本代表のことですか?」とジョークを交えた中田氏は、「ここで僕が言う話ではない」ときっぱり語ると、「きのうの試合を観ているわけではないので、コメントを控えさせていただきます」と質問に答えることなく、マイクを置いた。

 同席した漆芸家で重要無形文化財保持者(人間国宝)の室瀬和美氏もサッカー経験者とあって、同様の質問を受けると、「サッカーと同じように発信できるようにしっかりと作れるような土壌を作りたい。スポーツだけじゃなく文化も日本の顔になってもらいたい」と文化発展に期待を込めた。

 トークセッションでは、同キャンペーンになぞらえて「日常の中や精密機械には、漆塗りの技術が隠れているというのをみなさんにお伝えしたい」と室瀬氏。冒頭で「漆塗りは非常に大好きで興味のある分野」と話していた中田氏は、室瀬氏の話に真剣に耳を傾け、「昔からある漆塗りの技術が今につながっているということがよくわかった」と満足げだった。

 若者の働き方をバックアップする『モノづくりニッポンe仕事×ReVALUE NIPPON』プロジェクト第2弾となる同キャンペーン。室瀬氏監修のもと、一流の「塗師」を募集・育成する。



関連写真

  • 『塗師 募集・育成キャンペーン』発表会に出席した中田英寿 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)人間国宝の室瀬和美氏、中田英寿 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス