• ホーム
  • 芸能
  • 菅谷哲也、地元でサイン頼まれず「ちょっとさみしかった」

菅谷哲也、地元でサイン頼まれず「ちょっとさみしかった」

 俳優の菅谷哲也(21)が10日、都内でDVD『裸の時間〜若き才能〜 俳優・菅谷哲也』発売記念イベントを開催。ブレイクのきっかけとなったフジテレビ系の人気番組終了から3ヶ月が過ぎ「『テラスハウス』のてっちゃんを卒業できるように精進したい」と今年の飛躍を誓った。

【写真】その他の写真を見る


 この年末に千葉に帰省した際には道端で「あっ!」と気づかれる程度で「狭い地元で前から知ってる人が多いので、これといった反応はなかった」といい、サインを頼まれることも「全然ないですね」と苦笑い。「ちょっとさみしかったですね」と本音を漏らして、笑わせていた。

 2月には劇場版『テラスハウス クロージング・ドア』の公開が控えるが、本当の意味でのテラハ卒業を誓う菅谷。「変わらず心身ともに健康に仕事に努めていけたら」と話していた。

 CS放送『女性チャンネル♪LaLa TV』などで放送中の密着番組をDVD化した同作。仕事現場やプライベートの姿から垣間見える菅谷の“裸の素顔”に迫る。



関連写真

  • テラハ脱却を誓う菅谷哲也 (C)ORICON NewS inc.
  • 菅谷哲也=DVD『裸の時間〜若き才能〜 俳優・菅谷哲也』発売記念イベント (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス