• ホーム
  • 映画
  • コスプレが続く桐谷美玲 戦隊ヒロインの次はヴァンパイア

コスプレが続く桐谷美玲 戦隊ヒロインの次はヴァンパイア

 女優、モデル、キャスターとして活躍中の桐谷美玲がヴァンパイア役に初挑戦し、映画『恋する・ヴァンパイア』(4月17日公開)に主演することが4日、わかった。戦隊ヒロイン(『女子ーズ』)、自称“金星人”のホームレス(『荒川アンダー ザ ブリッジ』)など個性的なキャラクターのほか、カラス(ドラマ『死神くん』)や猫(『キャノン PIXUS』CM)といったコスプレでの出演でもおなじみの桐谷だが、今作では人間に恋をしてしまうヴァンパイアをキュートにコミカルに演じている。

 今作は、世界一のパン職人になる夢を持つ、オシャレも友だちとのおしゃべりも大好きな普通の女の子・キイラが主人公。しかし、ヴァンパイアの血を受け継いで生まれた彼女は、幼なじみの意中の男の子にもそのことはずっと秘密にしてきた。ふたりはお互いを想う気持ちを伝えられないまま成長していき、ヴァンパイアと人間は恋をしてもいいのかと悩むキイラの恋の行方が描かれる。

 そんな複雑な恋心を抱くヴァンパイアを演じた桐谷は「ヴァンパイアだけど人間を好きになってしまったキイラの葛藤をどう表せばいいのか、監督とも話し合いながら撮影していきました。好きな人と一緒にいるからこそ(ヴァンパイアの)本能がでてしまう……という切ないラブストーリーになっています」。

 桐谷演じるキイラは、いつもはどこからどうみて普通の女の子なのに、好きな人に近づくと“恋するヴァンパイア”に変身。その生き血欲しさに小さな牙をのぞかせ、小悪魔的な姿を見せたかと思いきや、必死にヴァンパイアの姿を隠そうとするかわいらしい一面ものぞかせる。

 桐谷は完成した作品について「ヴァンパイアではあるけれども、明るく楽しく生活をしている家族はかわいらしく描かれています。セットもキュートでファンタジーあふれる雰囲気になっていたり、ミュージカル風なシーンや、かわいいオリジナルソングもあって、今までになかった新しいヴァンパイア映画になっていると思います」とアピールしている。

 メガホンをとるのは、本作で監督デビューとなる鈴木舞氏。同作の原作小説、脚本も手がけている。『恋する・ヴァンパイア』は、TOHOシネマズ新宿のオープニング作品として上映される。
※タイトルの「恋する」と「ヴァンパイア」の間はハートマーク



オリコントピックス