• ホーム
  • 芸能
  • ダイノジ・大谷、“連ドラ”初主演 the telephones・石毛もカメオ出演

ダイノジ・大谷、“連ドラ”初主演 the telephones・石毛もカメオ出演

 お笑いコンビ・ダイノジの大谷ノブ彦が、24日深夜放送のTBS『オトナの!』(深2:06〜2:36)内のミニドラマ『eのスピリット』で初主演を務めることが19日、わかった。同作は全8話の“連続ドラマ”になっており、「地球を守りたいヒーロー」オーディションの試験官“一石”役で、オーディション参加者たちをどんどん追い込んでいく役を演じる。また、ドラマ音楽を手掛けるロックバンド・the telephonesの石毛輝もカメオ出演する。

【写真】その他の写真を見る


 オーディションドラマという新ジャンルに挑む同作。雑誌『宣伝会議』に掲載された「地球を守りたいヒーロー募集」という一風変わった広告を目にした8人(男女各4人)が東京・表参道にある会社「eスピリット」に集まった。彼らは芸能界デビューを夢見るタレントの卵たち。そこに“一石”と名乗る試験官が現れ、「今から地球を守りたいヒーローのオーディションをします」と告げる。大きな仕事のオーディションだと信じている8人は、参加を決意し、面接会場の中へと入っていく。

 ところが、8人を前に試験官の一石は語り始める。「この8人(eight)の役者の卵(egg)から一人のヒーローを選び(elect)ます。明日、地球(earth)が滅びます。地球(earth)を救えるのは、皆さん(everybody)の中から選ばれた、たったひとりのヒーロー。しかし条件があります。地球(earth)を救うには、そのヒーローの生命エネルギー(energy)と引き換えです。そこで皆さんに質問です。皆さんはヒーローになりたいですか?」

 いったい何のための試験なのか?やがて彼らは集められた本当の意味を知ることに。果たして彼からはオーディションを勝ち残れるのか? 地球を守ることは出来るのか? そして「eのスピリット」のeが意味することとはいったい何なのか?

 大谷は「ドラマといっていいのか、ドキュメントといっていいのか、よく分からない新しいジャンルの作品になっているので、参加できるのが本当にありがたくて幸せですね。(日野智文)監督に委ねて、楽しみたいな、と思っています」と意気込んでいる。

 念願のドラマ音楽を手掛ける石毛は「絵に合わせた音楽を作ることに興味があるんです。細かい作業も大好きなので、楽しくやらせていただきました。あらゆるシチュエーションに合う音楽を作れたらいいな、と思いつつ。音を聞いたときに『これって石毛じゃない?』と思わせるような遊びを“隠し味”程度に入れられたらと思っています。これから、どんどん引き出しを開けようかな、と思っています」とコメントを寄せた。

 オーディションに参加する8人は、小澤廉(おざわれん)、小間千代(こまちよ)、奈緒(なお)、中田クルミ(なかだくるみ)、中村無何有(なかむらむかう)、奈津子(なつこ)、ホームレス小谷(ほーむれすこたに)、柾木玲弥(まさきれいや)。



関連写真

  • 12月24日深夜放送のTBS『オトナの!』内でミニドラマ『eのスピリット』に主演するダイノジ・大谷(左)と音楽を手掛けるthe telephonesの石毛輝(右)(C)TBS
  • 「地球を守りたいヒーロー」オーディションに集まった8人(C)TBS
  • 12月24日深夜放送のTBS『オトナの!』内でミニドラマ『eのスピリット』(C)TBS

オリコントピックス