• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 芸能
  • たけし、健さんとの思い出語る「よくしゃべる」

たけし、健さんとの思い出語る「よくしゃべる」

 タレントのビートたけし(67)が22日、TBS系『新・情報7days ニュースキャスター』(毎週土曜 後10:00)に生出演。映画『夜叉』(1985年)と『あなたへ』(2012年)で共演し、今月10日に亡くなった俳優の高倉健さん(享年83)との思い出を語った。

 番組冒頭で“寡黙”“気遣い”“優しさ”“人を思う気持ち”といった高倉さんの人柄や素顔とともにこれまでの歴史を紹介。途中、地震により番組進行が変更になったが、番組終盤、改めて安住紳一郎アナウンサーから「きょうの『ビートたけしの刮目』の話し、健さんとの思い出をお願いします」と振られると「健さんはね。誰が、誰に聞いてもいい人なんだけど…」と切り出した。

 『夜叉』でのエピソードでは、高倉さんとの共演には「ちょっと興奮したけど、怖いんだって感じがして、あんなビッグスター」とためらいがあったというたけし。だが出演を決め、ロケ先の福井県に向かうと、駅で雪の中ホームで花束を抱えて到着を待っていたといい「高倉です。僕の映画に出てくれて、ありがとうございますって」と出迎えられあいさつされ「ああ、参っちゃったな」と思ったと回顧。

 さらに、翌日の撮影では「皆さんが働いているから差し入れ持ってきました」という高倉さんが現れ、たけしが「健さん座ってくださいよ」とうながすも、高倉さんも「皆さんが働いてますから」と拒否。これに「そうするとみんなが(健さん気遣って)立っちゃわけよ」といい「(健さんが)これから僕にできることありませんか?というから。じゃぁ、帰って!って言った」と笑いながら二人の思い出を明かした。

 『夜叉』以来、座らないということが印象づいたという高倉さんはたけしに「たけちゃんのせいだよ。俺が座れなくなったの」と注文をつけてきたようだが、その後、共演した映画『あなたへ』で、高倉さんが椅子に座っている写真を披露。その写真には直筆で“タケちゃん僕だって座ります”と書かれており、高倉さんのユーモアある一面も紹介した。

 その後も、役柄の影響もあり寡黙なイメージが強かった高倉さんだったが、たけしは「(健さんは)よくしゃべる。すごいしゃべる」といい、酔っ払った時には「健さん、女に興味ないんですか」と質問も。これには高倉さんも「何言ってんですか。僕はホモじゃないですよ」「女性は面倒だから、1人でいた方が楽なんです」と打ち明けたと笑った。

 また最後には“俳優・高倉健”“男・高倉健”について「共演する女性がメロメロになっちゃう。健さんね、そういうこと(男女とか)関係ない」としみじみで、「紳士でしょ。優しいでしょ。みんな健さんに惚れちゃう。男のやつも惚れちゃうんだよね」と語った。

 「健さん」「たけちゃん」と呼び合う仲だった二人。高倉さんの遺作となった『あなたへ』の完成披露試写会(2012年8月)では二人で壇上に立ち「冬の現場でもストーブに当たらない」「イスに座らない」とたけし。高倉さんも負けじと「全部たけちゃんの作り話。迷惑してます」との掛け合いを見せ会場を沸かせていた。

オリコントピックス

 を検索