ドラマ&映画 カテゴリ

期間中の平均視聴率が22.6%と高推移をキープした『花子とアン』、現在放送中の『マッサン』も初回視聴率21.8%と好発進。近年の『NHK連続テレビ小説』(以降朝ドラ)作品群が、立て続けに高い人気を得ているなかORICON STYLEでは、朝ドラに関するアンケート調査を実施。その結果、枠としてブランド価値を再び取り戻した“復権”の要因が見えてきた。 1961年より放送を開始した朝ドラは、これまで“日本の朝=朝ドラ”と言えるほど我々の生活に馴染み深いものとなったが、生活スタイルの変化などにより2000年代半ば頃から平均視聴率20%を下回る作品が続いていた。だが、2010年上期の『ゲゲゲの女房』以降は再び上昇傾向となり、2012年上期『梅ちゃん先生』ではついに平均視聴率20.7%まで回復。2013年上期『あまちゃん』以降は3作連続で20%超えとなり、今年9月27日に最終回を迎えた『花子とアン』は過去10年で最高となる22.6%を記録。29日スタートの『マッサン』も初回平均視聴率21.8%と好調な滑り出しとなっている。一時期、視聴率に苦戦した背景には若者の“朝ドラ離れ”もあったと言われているなか、ここにきて快進撃が続いているのは何故か?

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索