• ホーム
  • 映画
  • 『テラスハウス』終幕 菅谷哲也「ずっと自分の財産に」

『テラスハウス』終幕 菅谷哲也「ずっと自分の財産に」

 フジテレビ系人気番組『テラスハウス』(毎週月曜 後11:00)が29日、最終回を迎えた。20代の男女6人がシェアハウスで暮らし、共同生活するなかで恋愛や夢に向かう様子を追ったリアリティー番組。2012年10月の番組スタートから2年、98週にわたり、総勢22人が暮らした日々を追った。最終回には、仕事の都合で参加できなかった今井洋介を除く新旧メンバー21人が集まり、最後のパーティーが盛大に行われた。

 番組からは3組のカップルが誕生(うち、1組はすでに破局)。AKB48北原里英が第1回から参加したほか、歌手・永谷真絵(Chay)、グラビアアイドルの筧美和子、俳優の菅谷哲也らが番組をきっかけにブレイクし、若者を中心に人気を博した。

 パーティーの翌日より一人、また一人とテラスハウスを出ていき、番組開始当時のメンバーでもある島袋聖南と菅谷の2人きりで迎えた最後の夜、菅谷は「最初はキョドってノーマルに話せなかった。2年間、テラスハウスで過ごしていろんな人たちに出会わなければ、どんな人になっていただろう。いろんな人たちに出会えたことがこれからずっと自分の財産になる。来てよかった」としみじみ話していた。

 翌朝、島袋が先に家を出て、最後に2年間、ただ一人テラスハウスに住み続けた菅谷が残された。テーブルの上には、歴代メンバーがサプライズで用意したアルバム。2年間の思い出がつまったアルバムをめくりながら、涙する菅谷を映しながら、これまでに放送された菅谷の名場面が放送された。



オリコントピックス