• ホーム
  • 映画
  • 【軍師官兵衛】「あさイチ」リポーター・小堺翔太、織田信雄役でドラマデビュー

【軍師官兵衛】「あさイチ」リポーター・小堺翔太、織田信雄役でドラマデビュー

 お笑いタレント・俳優の小堺一機の長男でタレントの小堺翔太が、NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)に織田信長の次男・信雄役で出演する。同局の朝の情報バラエティー『あさイチ』内の「ピカピカ☆日本」リポーターなどで活躍中の翔太は、時代劇はもちろん、ドラマ初出演。信長亡き後の家督争いでは、次男をさしおいて三男・信孝が有力とみなされるようなうつけ者の信雄をどう演じるか注目される。

 父・一機が昨年の大河『八重の桜』に岩倉具視役で出演したことも記憶に新しいが、翔太の起用理由について制作側は「その笑顔から純粋さと人柄の良さがにじみ出ていると感じ、マイペースで一風変わった武将である信雄のイメージにぴたりと重なった」と話している。

 信雄は、信長という偉大な父を超えることはできず、権力争いから脱落、秀吉の家臣として生きる道を選ぶ。しかし、清須会議にて三法師を擁立した秀吉が織田家中の実権を掌握するなか、徳川家康と手を組み、小牧・長久手の戦いで秀吉軍と激突することになる。第31回「天下人への道」(8月3日放送)、第32回「さらば、父よ!」(8月10日放送)に登場する。



オリコントピックス