ドラマ&映画 カテゴリ

デニス植野、洋画アフレコに挑戦「吹き替え界の夜明け」

 お笑いコンビ・デニスが、巨大竜巻がいくつも発生する超・異常気象を描いた米映画『イントゥ・ザ・ストーム』(8月22日公開)の日本語吹き替え版で声優に挑戦することが24日、わかった。二人は、アフレコ本番に先がけ、秒速約33メートルの“暴風”の中で会話する「暴風体感アフレコ」を敢行。“暴風”と“暴雨”にあおられ、めちゃくちゃになりながらアフレコを続ける2人の姿を収録した映像も公開された。

 同作は、前例のない規模の竜巻に襲われたアメリカ中西部シルバートンの一日を登場人物たちのハンディカメラやケータイ動画でとらえたPOV(主観)映像で描く体験型映画。映画で描かれるのは2人が体験した“暴風”の約4倍、秒速135メートルでジャンボ機をも巻き上げる威力がある。

 デニスが担当するリービス(植野行雄)とドンク(松下宣夫)は、劇中でYouTubeにおバカ動画をアップし、有名になることを目論むノーテンキな“ボンクラ男”。スリルのある動画を求める彼らは、プロのストーム・チェイサー(竜巻を追って観測する研究者)を路上で発見し、興奮してその後を追いかけていく。彼らは人類未体験レベルの超・巨大竜巻をそのケータイ動画におさめることはできるのか? そして、竜巻を前にした時2人はどんな行動をとるのか?が、映画の見どころの一つでもある。

 今回のオファーを受けて、植野は「自分は外人顔なので、日本語への吹き替えを外人顔の男がやるのは『吹き替え界の夜明け』だなと。しかもハリウッドの大作で経験できたのはかなりうれしいです!」と大喜び。

 ところが、ドッキリのような手法で「暴風体感アフレコ」を体験し、「ふざけんなよ!と思いました。発声練習して、うがいして早く寝て自分なりに調整して行ったのに。『ジャージで来てもいいですよ』というメールがあった時に疑ってれば良かったです(笑)」と愚痴。一方、松下は「体感型アフレコの方が、声が出やすかったので良かったかも(笑)」と好感触を得ていた。

 植野には「一応僕は“月9俳優”」(2013年10月期のフジテレビ系ドラマ『海の上の診療所』に出演)というプライドがあるようで、「自分のことはお笑い芸人じゃなくて、俳優だと思ってやってます」とうそぶいていたが、本番では「必死にやって他の声優さんたちの足を引っ張らないように頑張ります!」と二人で誓い合っていた。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」

関連写真

  • お笑いコンビ・デニス が体感型映画『イントゥ・ザ・ストーム』(8月22日公開)の日本語吹き替えに挑戦。実際に暴風雨を体験して役作り
  • 本番アフレコをする前に台本がボロボロです

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索