アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • AKB木崎ゆりあ 『GTO』で脱がされキスされ…「無心でした」

AKB木崎ゆりあ 『GTO』で脱がされキスされ…「無心でした」

 EXILEAKIRA主演の関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『GTO』(毎週火曜 後10:00)で、あす22日放送の第3話では、AKB48の木崎ゆりあが男を道具のように扱ったことでピンチに立たされるさつきを熱演している。木崎は「結構ハードなシーンが多くて、おりの中に入れられっぱなしだったり、上も脱いだりキスシーンもあったりと、もう無心でした」と撮影を振り返った。

 第3話は、さつきにふられた徳山(堀井新太)が、彼女につきまとったことから、ストーカーだと騒がれる事態が発生。副担任の鬼塚(AKIRA)は徳山を擁護するが、まさかの“殺人予告”が届く騒動に発展するスリリングなストーリーとなっている。

 木崎が演じるさつきは、徳山を“サイフ”代わりにしていたような小悪魔的女子高生。木崎は「さつきちゃんは男の子がいないと生きていけない、誰かしらに頼ってないと生きていけないタイプ」とキャラクターを分析し、「私とは真逆。私は人に頼らずに生きていきたいタイプなんです」とキッパリ。

 その上、恋愛禁止のAKBグループに所属しているとあって、役作りには苦労しているようで、「少女漫画が好きなので、少女漫画で得た全ての知識を演技に生かしています。少女漫画でしか本当に経験がないので、いろんなシーンが大変でした。初めてのことばっかりでした」と話す。

 次は、シリーズの中でさつきの成長をどう演じるか。「3話だけ見たら『さつきってやっぱ嫌なやつなんだな』ってなると思うんですけど、3話以降で、さつきの心が変わっていくのが分かるというか。考え方も変わっていくし、素直にもなるし、鬼塚先生との距離もすごく縮まっていくので、そういうところも見どころです」と期待を持たせた。

 同ドラマは、2012年にAKIRA主演でドラマ化された『GTO』の新シリーズ。舞台を湘南に移し、「生命(いのち)」をメインテーマとしたオリジナルストーリーによって、女子高生の妊娠やストーカー化する男子高生、不登校、過激化するいじめなど、リアルな問題に鬼塚が挑む。また、今まで隠されていた鬼塚のルーツとともに「何よりも友だち(ダチ)が大事」な理由も明らかになっていく。

(※木崎ゆりあの「崎」はつくりの上が「立」)



関連写真

  • 7月22日放送、フジテレビ系『GTO』第3話でピンチに立たされるさつきを体を張って演じたAKB48・木崎ゆりあ(C)関西テレビ
  • 鬼塚(AKIRA)も大暴れする!?(左から)木崎ゆりあ、比嘉愛未、AKIRA、堀井新太(C)関西テレビ
  • ストーカー扱いされる徳山(堀井新太)(C)関西テレビ

オリコントピックス