ドラマ&映画 カテゴリ

桐谷美玲、初の記者役に手応え「伝わるものある」

 女優の桐谷美玲が7日、東京・渋谷のNHKで主演ドラマ『終の棲家』(20日・27日 後10:00 BSプレミアム)の完成試写会に出席した。同作は、桐谷演じる在宅介護の問題を取材する新人記者が、介護老人の謎の連続死に遭遇する社会派ヒューマンミステリー。桐谷は「いろいろと考えさせてくれるのと同時に、ドラマとしてもサスペンス要素も多く、楽しんでもらえるような作品になった」と手応えを語った。

 今回、初の記者役を演じた桐谷は「介護の現状について知らないことが多すぎて、どのように役を演じていけばいいのかと悩んだ」と述懐。出来上がったドラマを見て、「短いドラマの中に日常的に抱えているたくさんの問題がギュッと凝縮されていて、このドラマを見ていただくことで、伝わるものがあるのではないかなと感じています」とホッとした様子だった。

 物語は、在宅介護の事情を記事にしたい新人記者の麻倉智子が、取材相手のお年寄りの相次ぐ死亡に遭遇。「住み慣れた街で、人生の最後まで自分らしい生活を」――そう唱えて“在宅介護”を奨励された私たちが 直面する厳しい現実を、報道する新聞記者と取材される介護現場を舞台に描く。
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索