ドラマ&映画 カテゴリ

女優の上戸彩(28)が、米ロサンゼルスのエル・キャピタン劇場で現地時間28日に開催された、ディズニー映画『マレフィセント』のワールドプレミアに招かれ、主演女優のアンジェリーナ・ジョリー(38)と初対面を果たした。上戸は、同映画でエル・ファニングが演じるオーロラ姫の吹き替え声優に抜てきされ、“日本代表”として参加。本場ハリウッドのプレミアイベントを初めて目の当たりにした上戸は「尊敬していたアンジーに会えてうれしい。今でも心臓のバクバクが止まりません!」と感激していた。 上戸は、この日のために用意したオーロラ・モチーフの帯を締め、日本代表に相応しい着物姿でブルーカーペットに登場。ひときわ輝く上戸の装いに、オーロラ役のエルをはじめ多くのゲストが賛辞を寄せる中、アンジーの方から上戸に近づき、「きれいな着物ね!」と絶賛された。さらに、アンジーは「せっかく撮るのだから、あちらに行きましょう」とフォトセッションエリアに上戸を誘い、願ったりかなったりの2ショットが実現。世界中のカメラマンが二人にフラッシュを浴びせていた。

この記事の画像

  • 映画『マレフィセント』のワールドプレミアでアンジェリーナ・ジョリーから「綺麗な着物ね!」と絶賛された上戸彩
  • 憧れのアンジーとブルー・カーペットで夢の共演!
  • 映画『マレフィセント』の日本語吹き替え版でエル・ファニング(右)演じるオーロラ姫を担当する上戸彩(左)

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索