ドラマ&映画 カテゴリ

佐藤健、小学生時代のアダ名は「猿」

 俳優の佐藤健が27日、都内で行われたフジテレビ系ドラマ『ビター・ブラッド〜最悪で最強の親子刑事〜』(毎週火曜 後9:00)のファン感謝イベントに出席。劇中で「ジュニア」という愛称で親しまれている佐藤は、観客から幼少期のころのアダ名を聞かれると「普通に『健』と呼ばれていたけど、小学生の時に女子にずっと『猿』って言われていた」とアダ名を明かし、笑わせていた。

【写真】その他の写真を見る


 続けて「愛のある猿でした」といじめ的な意味合いではなかったと説明し、「雲梯とか遊戯的なこととかもちょこまかしていて得意で、あと(当時は)顔が猿っぽかったのかも」と理由を明かしていた。

 「猿」というアダ名については「僕は、なんとも思わなかった」というが、「先生が気にしちゃってクラス会議になって大事になっちゃった。そうしたら愛を持って『猿』と呼んでいた女子たちが『佐藤くん』と呼んでくるようになって距離ができちゃいました」と少し寂しそうに回顧していた。

 イベントにはそのほか、劇中で佐藤と親子役を演じる俳優の渡部篤郎も出席。同様の質問を投げかけられ、「特になくて、普通に『あっちゃん』って呼ばれてた」といい、「何か欲しいけど、やっぱり恥ずかしいよね」と照れ笑いを浮かべていた。

 同作は、佐藤演じる新人刑事の佐原夏輝が、少年時代に別離した実の父親・島尾明村(渡部)と初めて現場でコンビを組むことになり、反発しながらも、刑事としてのあるべき姿を父から学んでいくストーリーを軸に、本格的な刑事ドラマをコメディータッチで描く。

関連写真

  • ドラマ『ビター・ブラッド〜最悪で最強の親子刑事〜』ファン感謝イベントに出席した佐藤健 (C)ORICON NewS inc.
  • (左から)佐藤、父親役の渡部篤郎 (C)ORICON NewS inc.
  • ドラマ『ビター・ブラッド〜最悪で最強の親子刑事〜』ファン感謝イベントに出席した渡部篤郎 (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索