アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 大人AKB塚本、初CMでセンターデビュー “緊張でガチガチ”の舞台裏

大人AKB塚本、初CMでセンターデビュー “緊張でガチガチ”の舞台裏

 AKB48に期間限定で加入した「大人AKB48」の“まりり”こと塚本まり子(37)が初出演する『パピコ』(江崎グリコ)新CMが、きょう14日から放送開始。総合プロデューサーの秋元康氏が書き下ろした新曲「教えてMommy」にのせて、歌やダンスを披露。渡辺麻友島崎遥香らメンバーを従えたAKB48のセンターとして、トップアイドルを堂々と演じている。その舞台裏には、一夜にしてアイドルの仲間入りを果たした“シンデレラママ”の苦労も多数あったという。

 新CM「パピコ大人AKB48登場」篇は、商品を手に、渡辺や島崎らメンバーと歌やダンスを披露する“アイドル”としての顔と、家事や育児など日常生活を送る“ママ”としての顔を描いたもの。「大人になっても AKB48。大人になってもパピコ」というメッセージから、『パピコ』をもっと大人にも楽しんでもらえるブランドであることをアピールする。

 撮影は4月中旬、「大人AKB48」の合格者発表直後に敢行。この日のためにレッスンを繰り返してきたという塚本は、スタジオ入りしてからも時間を惜しむかのように練習に励んでいた。ところが、はじめての撮影ということもあってカメラの前ではガチガチに緊張。他のメンバーに申し訳ないという想いが顔に出てしまう悪循環に陥る場面も…。

 それでも、メンバーから「ドンマイ!」「頑張って行こう、まりり!」と励ましの声を掛けられると次第に表情も穏やかに。もともとクラシックバレエの経験もある彼女らしく、最後のシーンでは監督から「本当にうまくなった。ダンスもバッチリです」と太鼓判を押されるほど、見事にダンスを踊りきった。

 撮影後、インタビューに応じた塚本は「全身筋肉痛です(笑)」と苦笑いしつつ、「やはりダンスですね。なかなか振付が覚えられなかったので、周りのみんなと息を合わせるところがとても難しかったです」と見どころをアピール。「正直に言って、すごく疲れましたが、とっても楽しかったです。メンバーのみんなとも話ができましたし、これからの活動がさらに楽しみになってきました」と充実感たっぷりに語った。

 「大人AKB48」は、同商品の2014年春キャンペーンの一環として企画されたもの。30歳以上の女性を対象に、8月31日までの期間限定でアイドルグループ・AKB48の新メンバーを募集。元人気アイドルやものまね芸人ら多彩な顔ぶれをはじめ、5000人を超える応募があったことも大きな話題に。選ばれた塚本の“37歳”“2児の母”“専業主婦”というプロフィールや、今後の活動内容にも注目が集まっている。



関連写真

  • 「大人AKB48」合格の余韻冷めやらぬなか、初のCM撮影に挑戦した塚本まり子(中央)(C)AKS
  • (左から)川栄李奈、渡辺麻友、塚本まり子、島崎遥香、小嶋真子、大和田南那 (C)AKS

オリコントピックス