アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 松雪泰子主演、天童荒太原作『家族狩り』連ドラ化

松雪泰子主演、天童荒太原作『家族狩り』連ドラ化

 女優の松雪泰子主演で、直木賞作家・天童荒太氏のベストセラー小説『家族狩り』が連続ドラマ化される。TBS系金曜ドラマ枠(毎週金曜 後10:00)で7月期に放送。家族とは何か、生きるとはどういうことか、という根源的な問いに真正面から挑んだ原作の初映像化に構想から7年をかけ、重厚なサスペンスドラマに仕上げる。松雪は、アルツハイマー型認知症の父と、その介護に疲れた母と暮らし、何かにとり憑かれた様に仕事に打ち込む児童心理司・氷崎游子(ひざきゆうこ)役を演じ、「現代を生きる、すべての人に観ていただきたい」と気合い十分だ。

 プロデュースは、『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』『ATARU』『SPEC』シリーズなどを手がけた植田博樹氏。2007年公開の映画『包帯クラブ』で天童氏の作品を初めて手がけ、この頃に『家族狩り』と出会った。その後、ドラマ化するにあたり方向性に悩んだ植田プロデューサーは、天童氏との会話から映像化へのヒントを得て、大河ドラマ『功名が辻』や『セカンドバージン』などの大石静氏に脚本を依頼。

 「天童さんがテレビドラマを作るときは、こういう目線で作られるのではないか?ということを考えながら作りました。天童さん自身の思いを込めた、いわば天童さんの作品のリライトです」(植田P)と脚本を練り上げた。

 松雪も「とても面白い(脚本)です。3つの家族、ストーリーラインが同時に進行していて少しずつ絡みあって行く構造。家族という形態の檻に縛られた人間たちが織りなす悲しみ、狂気、ユーモアがバランスよく表現されている。素晴らしいです」と絶賛している。

 ドラマでは、游子を中心に、高校教師・巣藤浚介役に伊藤淳史、警部補・馬見原光毅役に遠藤憲一らが出演。とある一家心中事件を発端に、3つの家族を通じて「家族とは何か」を問いかける。ほかに、北山宏光Kis-My-Ft2)、水野美紀篠田麻里子山口紗弥加平岡祐太秋山菜津子井上真樹夫浅田美代子財前直見(友情出演)らの出演が決まっている。

◆原作者・天童荒太(てんどう あらた)

 『孤独の歌声』『永遠の仔』『包帯クラブ』などの作品を通して常に“人間とは何か”を問い続け、2008年に発表した『悼む人』で第140回直木賞を受賞。今回、映像化される『家族狩り』は1995年に発表、1996年に山本周五郎賞を受賞し、文庫版は120万部のベストセラーとなった。さらに2004年にはこの作品を全面的に改稿し、あらゆる面において深化させた全5巻の文庫版『家族狩り』を発表。書籍版(単行本)の文書を一行も使わない徹底ぶりで、新たな使命を担う陰影ゆたかな人物を登場させ、より深くより高い物語を完成させた。



オリコントピックス