アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『渡鬼』姉妹、宇津井健さんに涙で別れ「お父さんありがとう」

『渡鬼』姉妹、宇津井健さんに涙で別れ「お父さんありがとう」

 3月14日に慢性呼吸不全のため死去した人気俳優の宇津井健さん(享年82)の「お別れの会」が、1日都内ホテルでしめやかに営まれた。橋田壽賀子ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)で共演した岡倉家の姉妹の長女・長山藍子(弥生役)、三女・中田喜子(文子役)、四女・野村真美(葉子役)、五女・藤田朋子(長子役)が参列し、「お父さん」との別れを惜しんだ。

【写真】その他の写真を見る


 長山は「いつも“お父さん”と呼ばさせていただいている」と明かし、「ひたむきに生きて、魂が美しい方だったとしみじみと思いました。さみしいのはもちろんだけど、宇津井さんは宇津井さんだったというのが誇らしい。本当にいいお父さんだなと思いました。お父さんありがとう」と気丈に語った。

 「最後の渡鬼スペシャルがお父さんとの最後の仕事」だったという藤田は「それが最後の収録になるなんて思わなかった。急に容態が悪くなったとのことで、お父さんとしてもこれから色々な仕事がしたかっただろうから心残りだったと思う。それがとても残念」と漏らし涙を流した。

 中田は、「苦しい顔を一切見せなかった。今も宇津井さんとの収録中の思い出がよみがえってくる」といい、「突然の訃報でびっくりしましたが、紳士という言葉がぴったりの方でした」と話した。

 お別れの会を終え、野村は「亡くなったんですけど、色々な花や遺影の笑顔の写真を見てようやく実感しました」としみじみと語りつつも「むしろ今のほうが胸の中で微笑んでくれてるような気がして、近くなった気がします」と心境を明かしていた。

 また、同作で次女の五月役を演じた泉ピン子は、仕事の都合で出席できなかったが、会場では“お父さん”宇津井さん宛の手紙が読まれ、「仕事の鬼のお父さん、娘はお父さんのあの時のように、収録に臨みます。でも、心の中にはいつもお父さんがいます。大好きなお父さん、宇津井健さんへ」(一部抜粋)と言葉をおくった。

 お別れの会にはそのほか、中村玉緒、三浦友和、、藤原紀香ら関係者1000人が参列。発起人は、生前に親交のあった石井ふく子氏(テレビプロデューサー)、橋田壽賀子氏(脚本家)、元首相の森喜朗氏ら4人が務めた。

 宇津井さんは、山口百恵と共演した“赤い”シリーズをはじめ、『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)、『相棒』(テレビ朝日系)、『ごくせん』(日本テレビ系)など多数の人気作に出演し、長きに渡り活躍した。



関連写真

  • 「お別れの会」に参列した『渡鬼』姉妹(左から)藤田朋子、長山藍子、中田喜子、野村真美 (C)ORICON NewS inc.
  • 82歳で亡くなった宇津井健さん (C)ORICON NewS inc.
  • 涙する藤田朋子 (C)ORICON NewS inc.
  • 参列した水谷豊
  • 宇津井健さん「お別れの会」の模様
  • 宇津井健さん「お別れの会」の模様
  • 宇津井健さん「お別れの会」の模様
  • 宇津井健さん「お別れの会」の模様
  • 宇津井健さん「お別れの会」の模様
  • 宇津井健さん「お別れの会」の模様
  • 宇津井健さん「お別れの会」の模様
  • 宇津井健さん「お別れの会」の模様
  • 宇津井健さん「お別れの会」の模様
  • 宇津井健さん (C)ORICON NewS inc.
  • 祭壇の様子 (C)ORICON NewS inc.
  • 宇津井健さんの「お別れの会」に参列した三浦友和 (C)ORICON NewS inc.
  • 宇津井健さんの「お別れの会」に参列した池上季実子 (C)ORICON NewS inc.
  • 宇津井健さんの「お別れの会」に参列した中村玉緒 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス