• ホーム
  • 芸能
  • 【動画】GLAY、10年ぶり『EXPO』は宮城スタジアム 9・20に5万人ライブで復興支援

【動画】GLAY、10年ぶり『EXPO』は宮城スタジアム 9・20に5万人ライブで復興支援

 ロックバンド・GLAYが25日、東京・六本木のニコファーレで記者会見を行い、大規模ライブ『GLAY EXPO』を9月20日に宮城スタジアムで開催すると発表した。1999年に1公演で20万人を動員するなど、数々の伝説を残してきた『GLAY EXPO』は、2004年の大阪・ユニバーサルスタジオ・ジャパン公演以来、10年ぶり4度目の開催となる。

 伝説の“20万人ライブ”から15年。5月にデビュー20周年を迎えるGLAYは「東北の皆さんを元気にしたい」という思いから、10年ぶりとなる『GLAY EXPO』を宮城スタジアム(4月1日より「ひとめぼれスタジアム宮城」に改称)で開催することを発表した。

 リーダーのTAKUROは「10年の月日が空いたのにはワケがあるということ。EXPOの何たるかを見せたい」「僕らの20周年は東北と共にあります」と熱弁。HISASHI(G)は「変わらないGLAYを見せたい」と力を込め、JIRO(B)は「人数とか記録ではなく、たくさんの夢が詰まった、お祭りの要素を増やしていきたい」とプランを明かした。

 タイトルは『GLAY EXPO 2014 TOHOKU 20th Anniversary』で5万人を動員予定。ボーカルのTERUがデザインしたロゴも初披露され、「東北6県の県を代表するカラーを入れたロゴを作ると親しみを持ってもらえるのではないかと。そして、6県がつながって復興を目指して頑張ってほしいという思いを込めた」と説明した。

 また、20周年記念として5月から3ヶ月連続リリースを敢行し、TERUが初めて作詞作曲を担当した50thシングル「BLEEZE」を7月に発売することを発表。TERUは「TAKUROからいつかシングルの曲を作ってよと言われていたけど、ずっと断ってきた。めんどくさいって(笑) 矢面に立たされるのは、ステージだけでいいって」と苦笑いしながらも、「責任感という意味ではより一層強くなるなと思ったので、20周年ということで全てを背負って頑張ってみました。東北への思いが一番強いかもしれない」と使命感を明かした。

 『GLAY EXPO』は過去3度開催され、1999年7月31日に千葉・幕張メッセ駐車場特設ステージで行われた『〜SURVIVAL』は「単独アーティストによる有料ライブにおける最多観客動員」ギネス記録に認定された20万人を動員。2001年の『〜GLOBAL COMMUNICATION』では北海道・東京・福岡の3会場4公演で28万人、2004年の『〜in UNIVERSAL STUDIOS JAPAN “THE FRUSTRATED”』では10万人と破格の動員数を誇る。電通総研は今回のEXPOの総合経済波及効果を54億円と試算している。

YouTube公式チャンネル「オリコン芸能ニュース」



関連写真

  • 5月にはデビュー20周年を迎えるGLAY (C)ORICON NewS inc.
  • 大規模ライブ『GLAY EXPO』を9月20日に宮城スタジアムで開催するGLAY (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス