ドラマ&映画 カテゴリ

大久保佳代子、セクシーすぎる“菜々緒ポーズ”に狼狽「私の方がよっぽど乙女だわ…」

 オアシズ・大久保佳代子が司会を務めるネット配信番組『イイ女の条件〜極上美女対談』(フジテレビ+)。最新回のゲストとして菜々緒が登場し華やかな“女子トーク”を展開するも、恋多き女・菜々緒の男性観やセクシーすぎる“菜々緒ポーズ”に、さすがの大久保も狼狽。「私の方がよっぽど乙女だわ…」と吐露した。

【写真】その他の写真を見る


 同番組は、毎回さまざまな女性著名人を招きその素顔を探るトークバラエティ。歯に衣着せぬトークで大ブレイクを果たした大久保を司会に起用し、『徹子の部屋』(テレビ朝日)、『サワコの朝』(TBS系)に続くトーク番組を目指す。

 収録スタジオに現れた菜々緒は、超タイトなミニスカートで“大人の女”の色香をスタジオ中に振りまく。自身と比較し、そのあまりのスタイルの違いに若干押され気味だった大久保だが、「ま、まぁ、私の方が色々な経験をしてきてるからね」と、年輪を重ねて得た“女の経験値”で対抗。

 だが、菜々緒からの「付き合った男性とは『24』ごっこをやる。もちろん私がジャック・バウアー」「浮気はバレなければいい」など、野武士のようなコメントから徐々に劣勢状態に。極めつけは、カメラに背を向け、90度以上前屈しセクシーなヒップラインを強調する、“菜々緒ポーズ”をミススカートのままカメラの前で披露。「ちょっとアナタ、よしなさいって! 見えちゃうわよ!!」と親戚のおばちゃんのような言い回しで菜々緒を制止する場面も。

 収録を終えた大久保は、菜々緒について「しっかりと理論立てて言ってくるんですよ、25歳のくせに(笑)。『そ、そうだよね…』って、こちらが反論できない空気感を出してきやがりまして」と脱帽の様子。さらに「私は女性に対して基本的に無関心なんですよ。菜々緒だったら蛭子(能収)の方が良い!って思っていたくらいなんですけど(笑)、今日こうやって間近で見て、人間的にも面白いし、なんて手足が長いんだろう、あれ!? パンツ見えんじゃねぇか?っていう感情が芽生えて…」と、自身の中で“オヤジ化”が進行していることを告白。

 だが最後には、超ミニスカートを着用して登場した菜々緒について「あれはね、ポーズをやるって決めていたからあんな衣裳を着てきたのよ。まぁ、その辺がちょっと腹黒い感じかなぁって(笑)」と、しっかりと負け惜しみも忘れてはいなかった。

関連写真

  • さすがの大久保さんも菜々緒にお手上げ状態!?
  • さすがの大久保さんも菜々緒にお手上げ状態!?
  • さすがの大久保さんも菜々緒にお手上げ状態!?

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索