アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • TOKYO MX、4月から“24時間マルチ編成”導入 地上波初の試み

TOKYO MX、4月から“24時間マルチ編成”導入 地上波初の試み

 東京のローカルテレビ局・TOKYO MXが、4月1日からマルチ編成(マルチチャンネル)の24時間化に踏み切ることが21日、わかった。地上波テレビ局の24時間マルチ編成は、同局が初となる。

 地上デジタル放送では、1つのチャンネルで最大3つの番組を同時に放送でき、これをマルチ編成と呼んでいるが、単純に放送枠が倍増するので、スポンサー確保や視聴率などの問題もあり、活用しているテレビ局はNHKなど、ごく一部に限られてきた。

 同局はマルチ編成に積極的に取り組んできた数少ないテレビ局の一つで、現在は特定の時間帯に2つの番組を同時放送している。4月からは、マルチ編成の弱点とされてきた画質の改善も図り、メインチャンネルとなる「091ch」はHD画質、2つ目の「092ch」はSD画質で、それぞれ24時間放送していく(メンテナンスによる休止あり)。

 「092ch」では、新たにハリウッドの海外ドラマ枠やマーケット・経済情報番組などを設け、コンテンツ強化にも取り組んでいく。



オリコントピックス