アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 新垣氏、佐村河内氏は「耳聞こえる」 高橋大輔選手には謝罪と感謝

新垣氏、佐村河内氏は「耳聞こえる」 高橋大輔選手には謝罪と感謝

 作曲家・佐村河内守氏が代表作を別人に作曲してもらっていた問題で、実際に作曲していた桐朋学園大非常勤講師を務める新垣隆氏が6日、都内で記者会見を開き、「18年にわたり、彼の代わりに曲を書き続けてきました。指示されるがまま、曲を書き続けた私は共犯者です」と騒動を謝罪した。今回全てを話すに至った理由の一つとして、ソチ五輪に出場する男子フィギュアスケートの高橋大輔選手の存在を挙げた。

【写真】その他の写真を見る


 多くのフラッシュを浴びながら会見場に姿を見せた新垣氏は「当初は、軽い気持ちで曲を書くとこを引き受けてしまいました」と自らの過ちを悔やみ、昨年5月に佐村河内氏に「こんなことはもうやめよう」と持ちかけたが、聞き入れてもらえず「あなたが書かないと、私は自殺する」と言われたことも明かした。

 知人の紹介で佐村河内氏と知り合ったという新垣氏は、同氏が関わった映画やゲームの音楽に「アシスタントの認識」で手助けしたことをきっかけに“共同作業”を開始。耳が聞こえないと佐村河内氏が世間に公表後、同氏の名義で曲を発表するとなった際、「問題だ」と思ったというが、「やめようというより、彼に従い曲を書き続けた」と、ゴーストライターに徹したと説明した。これまで、18年間で20曲以上を作曲し、約700万円の報酬を手にしていたという。

 また、新垣氏は「私の認識では、会ってから今まで、耳が聞こえないと感じたことは一度もない」と衝撃告白。全聾(ろう)は「偽り」とし、「私が録音したものを彼が聴き、コメントすることは何度もあった」「最初は私に関しても耳が悪い状況であることを示していたが、やりとりをしているうちに、だんだん戻ってきたと言い、それがなくなった。耳が聞こえないと示すための行為だったと思う」と同氏が全聾ではないと証言した。また、「ピアノは初歩的」「譜面は書けない」と音楽家としての素性も伝えた。

 また、男子フィギュアスケートの高橋大輔選手が、佐村河内氏が作曲したとされていた「ヴァイオリンのためのソナチネ」をソチ五輪のショートプログラム(SP)の曲に使用すると知ったことが、公表するにおいて大きな理由になったことも報告。ソチ五輪開催直前に明かすことに対し、「迷った」というが「このまま私が言わず、高橋選手が五輪で演技された後に事実が発覚した場合、高橋選手はやはり非常に戸惑うのではないでしょうか。さらには、偽りの曲で演技したではないかと、世界中から日本に非難が殺到するかもしれません」と考え抜いた末、会見を開くことを決めた経緯も明かした。

 高橋選手はSPの曲を変更しないことを正式に発表。その事を受け、新垣氏は「高橋選手があの曲を選んでくださったのは大きな喜び。このような事態にもかかわらず、選んでくださると聞き、うれしく思いました」と感謝していた。

関連写真

  • 全聾作曲家・佐村河内守氏のゴーストライターを務めていた新垣隆氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 頭を下げて謝罪する新垣氏 (C)ORICON NewS inc.
  • 全聾作曲家・佐村河内守氏のゴーストライターを務めていた新垣隆氏 (C)ORICON NewS inc.

オリコントピックス