アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 女優・藤村志保が背骨圧迫骨折 大河「軍師官兵衛」のナレーター交代

女優・藤村志保が背骨圧迫骨折 大河「軍師官兵衛」のナレーター交代

 女優の藤村志保(75)が今月3日に背骨を圧迫骨折し、現在放送中のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』のナレーターを交代することが29日、わかった。同局がFAXで発表した。ナレーションは第6回(2月9日放送予定分)まで収録を終えており、第7回(2月16日)からは元NHKアナウンサーの広瀬修子氏が担当する。

 医師から絶対安静の診断を受け、収録の継続が困難となった藤村は「このたびは、関係者の皆様には多大なるご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。心よりお詫び申し上げます」と謝罪。

 さらに、「この大役を最後まで全うすべく努力する所存でおりましたが、担当医師のアドバイスに従い、治療に専念したいと思います。今後は出来るだけ早く回復し、再び役者として皆様にお目に掛かれるように治療、リハビリにあたりたいと思っております」と早期復帰を誓っている。

 チーフ・プロデューサーの中村高志氏は「播磨の母なる大地が、戦乱が続く世を嘆きつつ、乱世を終わらせる官兵衛を見守っている、というイメージで藤村さんにナレーションをお願いしてきました。今回のことはとても残念ですが、治療に専念していただき一日も早い回復をお祈り申し上げます」とコメント。

 また、藤村さんのあとを務める広瀬アナについては「NHKの番組のナレーターとして一時代を築いてきた方です。現在も、NHKの多くの番組のナレーションをお願いしています。番組に溶け込みつつも、味わい深いナレーションをと思い、お願いいたしました」と起用理由を明かしている。



オリコントピックス