AKB48の元メンバー・増田有華(22)が18日、東京・池袋シネマロサで主演映画『呪報 2405 ワタシが死ぬ理由』(瑠東東一郎監督)の初日舞台あいさつに登壇した。 ホラー2作目となる増田は、廃墟と化した病院で撮影された本作について「自分に(霊が)憑いちゃうんじゃないかと心配になったりしたのですが、和気あいあいと楽しい現場でした。でもうわさによると1ヶ所“映っちゃってる”シーンがあるらしいので、ぜひ探してみてください」と話し、観客を震え上がらせた。


オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索