アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 「じぇじぇじぇ」に続け! 鳥取・米子の「ダラズ」って何だ?

「じぇじぇじぇ」に続け! 鳥取・米子の「ダラズ」って何だ?

 NHKの連続テレビ小説『あまちゃん』で、驚きを表す岩手県三陸地方の方言「じぇじぇじぇ」が昨年の流行語大賞を受賞するなど、「方言」がトレンドとなりつつある昨今。NHK鳥取放送局では、同県米子市周辺で使われる方言「ダラズ」をキーワードにドラマ『ちょっとは、ダラズに。』を制作。10日に東京・渋谷のNHKで完成試写会が行われた。

【写真】その他の写真を見る


 「ダラズ」とは、「愚か(者)」という意味から転じて、「チャレンジ精神旺盛で突拍子もないことをしてしまうが、どこか憎めない人。人生を楽しもうとする人」のことを指すようになり、「ダラズもん」と呼んだりする。米子の人たちの前向きな気質を表しているとも言われる。ドラマの演出を担当した濱田龍ディレクターは「このドラマから“ダラズ”精神を全国に発信したい。方言が流行ってくれたら、地元の人たちも喜ぶと思う」と話す。

 物語は、一人娘の子育てと仕事を完璧にこなそうとするあまり、「人生を楽しむこと」を忘れてしまったシングルマザーの看護師・真帆が、ひょんなことから米子にやってきて、地元のダラズたちと出会い、頑な心がほぐれていく過程を、鳥取県の象徴・大山を望む米子市の風景とともに描く。

 試写会には、主人公・真帆役で主演する黒川智花、一人娘・愛歌役の子役・小林星蘭、共演の森昌子古谷一行竜雷太らメインキャストも出席。母親役に初挑戦した黒川は小林から「自分のお母さんが、このドラマのお母さんみたいだったらいいなぁと思いました」と最大級の褒め言葉をもらい、「こんなかわいい娘がほしい」とキュンキュンしていた。

 森は7年ぶりのドラマ出演で、今回は主題歌「メモ用紙」の歌と作詞を担当。「久しぶりのドラマで緊張しました。全編ロケというのも初めて」という状況を、「ダラズ度80%(で乗り切った)。明るく、前向きに、くよくよせず生きていこうと思っています」と話していた。

 鳥取発地域ドラマ『ちょっとは、ダラズに。』は、NHK BSプレミアムで29日(後10:00〜11:00)放送。

関連写真

  • NHK鳥取『ちょっとは、ダラズに。』完成試写会に出席した(左から)古谷一行、森昌子、黒川智花、小林星蘭、竜雷太 (C)ORICON NewS inc.
  • 親子役を演じる(左から)黒川智花、小林星蘭 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK鳥取『ちょっとは、ダラズに。』完成試写会に出席した(左から)小林星蘭、竜雷太 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK鳥取『ちょっとは、ダラズに。』完成試写会に出席した(左から)小林星蘭、竜雷太 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK鳥取『ちょっとは、ダラズに。』完成試写会に出席した(左から)小林星蘭、竜雷太 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK鳥取『ちょっとは、ダラズに。』完成試写会に出席した(左から)古谷一行、森昌子、黒川智花、小林星蘭、竜雷太 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK鳥取『ちょっとは、ダラズに。』完成試写会に出席した森昌子 (C)ORICON NewS inc.
  • NHK鳥取『ちょっとは、ダラズに。』完成試写会に出席した古谷一行 (C)ORICON NewS inc.
タグ

オリコントピックス