ドラマ&映画 カテゴリ

3年ぶり戦国大河『軍師官兵衛』を“企業ドラマ”として観る

今夜(5日)、NHKの大河ドラマ『軍師官兵衛』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)がスタートする。主演は人気グループ・V6の岡田准一。主人公の黒田官兵衛は、豊臣秀吉の軍師として活躍した戦国時代の武将だ。岡田のファンはもちろん、『江〜姫たちの戦国〜』(2011年)以来3年ぶりの“戦国もの”として注目されているであろう今年の大河。そのどちらでもない人にも、制作統括の中村高志チーフプロデューサー(CP)は「官兵衛は町工場の2代目社長のような存在。現代人が共感できる人物」と“企業ドラマ”にも通じる要素をアピールする。

官兵衛は、播磨国(兵庫県)の姫路城主の長男として生まれ、父・職隆(もとたか)は播磨有数の豪族・小...

この記事の画像

  • 現代にも通じる物語としてこれまでの戦国もののイメージを一新できるか? 大河ドラマ『軍師官兵衛』(写真は1月12日放送、第2話より)(C)NHK
  • 大河ドラマ『軍師官兵衛』(写真は1月5日放送、第1話より)土産にもらったビードロを太陽に透かし、広い世界に思いをはせる万吉(若山耀人)(C)NHK
  • 大河ドラマ『軍師官兵衛』(写真は1月5日放送、第1話より)尾張・清州城下にて、織田信長(江口洋介)は目の前で木から落ちた男に草履取りを命じる(C)NHK
  • 大河ドラマ『軍師官兵衛』(写真は1月5日放送、第1話より)信長に仕えることを許され、喜びに震える藤吉郎(竹中直人)(C)NHK

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索