世界初!フェンダー公認のアイウェア

 世界最大のギターメーカー・フェンダー社公認のアイウェア『Fender EYEWEAR』の先行予約受付が20日、オリコンストアでスタートした。コンセプトやデザイン、周辺アクセサリーまでフェンダー社と議論を重ね、約2年の歳月をかけたこだわりの同製品。メガネ5アイテム、サングラス2アイテム、計7アイテムで展開される。

【写真】その他の写真を見る


 音楽好きにはお馴染みのフェンダー社は1946年に誕生。『ストラトキャスター』、『テレキャスター』、『プレシジョン・ベース』、『ジャズ・ベース』などのベストセラーは音楽界に大きな刺激を与えてきた。

 そんな同ブランドの67年の歴史の中で初めてとなるアイウェアは、アイウェアショップ・クーレンズを展開しているエヌ・ティ・コーポレーションとの協業で実現。デビュー製品となる7アイテムはどれも歴代のロックスターや熱狂的な音楽プレーヤーたちをイメージしており、個性と高級感を併せ持つデザインに仕上がっている。

 アイテムの細部にもこだわりが多数。テンプル部分にはフェンダー社のアンプロゴを12%の縮尺サイズでデザインしているほか、ケースも人気のアンプ『Bassman』などで実際に使用されている「フェンダーツイード」を米国より直輸入し、一流ブランドのメガネケースを生産しているイタリアのメーカーに特注。ケース内部にもフェンダーのロゴがあしらわれている。このケースだけで開発に1年10ヶ月を費やしているという点からも、両社のこだわりと本気度がうかがえる。

 アイテムの価格は税込9990円〜1万2600円。メガネはすべて度付きレンズ、メガネフレーム、オリジナルメガネケース、ロゴがあしらわれたオリジナルのメガネ拭きのセット販売。2014年1月20日より全国17ヶ所の取扱い店舗およびWebサイトで発売。


『Fender EYEWEAR』商品詳細・先行予約はこちら



関連写真

  • 『Fender EYEWEAR』 メガネ・サングラス(ツイードケース・メガネ拭き付)
  • 『Fender EYEWEAR』 12%の縮尺でフェンダーのアンプロゴをテンプル箇所に再現
  • 『Fender EYEWEAR』 アンプ『Bassman』などで実際に使用されているものと同じツイードのメガネケース
タグ

オリコントピックス